pop

  • pop
無料ブログはココログ

« 離党を求めていた議員たちへの処分 | トップページ | 橋下信者「橋下さんが宇宙戦士に見えた」 »

2014年9月 8日 (月)

いま必要なものはなにか

少し前のことだが大阪の学力が低迷しているとの記事をみた。

公募校長だの、学校選択制だの、ゼロトレランスだの、タブレット配布だの、橋下徹の思いつきレベルの政策はよく世間で物議を醸すのだが、肝心の学力はというとサッパリのようだ。
そもそも、学校選択制や公募校長というのは、一昔前に流行ったが、どこの地域でも成果をだせなかったために今はもう見向きもされないような古臭い政策だ。

橋下徹は思いつきレベルの政策にこだわるのは一旦やめにして地に足のついた地道な努力をしてみてはどうだろうか。例えば読書に取り組める環境を整えてやるとか。 テレビでも放送されたが、大阪市の小学校には司書が配置されておらず、教員の手も足りていないために図書室の解放が満足にできない小学校が多い。このような環境が放置されて一体どうやって学力が上がるのだろう?

« 離党を求めていた議員たちへの処分 | トップページ | 橋下信者「橋下さんが宇宙戦士に見えた」 »

大阪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2063857/57315543

この記事へのトラックバック一覧です: いま必要なものはなにか:

« 離党を求めていた議員たちへの処分 | トップページ | 橋下信者「橋下さんが宇宙戦士に見えた」 »