pop

  • pop
無料ブログはココログ

« 橋下の盟友 パワハラで辞任か | トップページ | 週末恒例の嘘演説 »

2014年10月31日 (金)

またもや不当労働行為の認定

『中労委:君が代義務づけの条例 団交拒否は不当労働行為

 「教職員に君が代の起立斉唱を義務づける大阪市条例を巡り、中央労働委員会は30日、大阪教育合同労働組合が求めた団体交渉を市が拒否したのは、不当労働行為に当たると認定し、市に交渉に応じるよう命令した。橋下徹市長の就任以降、中労委が市の不当労働行為を認定したのは、全職員を対象にした政治・組合活動に関するアンケート実施に次いで2件目。」

厚生労働省・中央労働委員会は、大阪市の国家斉唱を義務づける条例について勤務労働条件等の団体交渉を橋下徹市長らが拒否した問題について不当労働行為を認定しました。

橋下徹大阪市長による業務命令で行われた「思想調査」に次いで二度目の不当労働行為認定となりますね。

橋下徹は元弁護士なはずなのに、二度も不当労働行為を認定されてしまうとは、いったいどういうことなんでしょう。

橋下徹は議会運営においても地方自治法を無視して議会招集を拒否するなどやりたい放題をしていました。

法に抵触しようがなんだろうが、自分は選挙で選ばれた市長だからかまわないとでも思っているのでしょうか。しかし、実際に不当労働行為を認定されてしまうのですから、やはり橋下徹の無能の証拠ととらえた方が、妥当かもしれません。

橋下徹大阪市長も法律違反を宣言

« 橋下の盟友 パワハラで辞任か | トップページ | 週末恒例の嘘演説 »

大阪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2063857/57841720

この記事へのトラックバック一覧です: またもや不当労働行為の認定:

« 橋下の盟友 パワハラで辞任か | トップページ | 週末恒例の嘘演説 »