pop

  • pop
無料ブログはココログ

« 維新府議の安易なグローバル礼賛 | トップページ | 維新 佐々木りえのブログより »

2014年11月29日 (土)

既得権にしがみつく維新

橋下徹が、政党助成金の受け取りを正当化するために共産党に難癖をつけました。あまりにもおかしい理屈だと思いますが、共産党を攻撃すれば支持者が喜ぶと思ったのかもしれません。

赤旗購読料は「共産の政党助成金」 橋下氏が持論を展開、共産の助成金廃止主張は「きれい事」 -産経WEST

http://www.sankei.com/smp/west/news/141128/wst1411280032-s.html

 「維新の党共同代表の橋下徹大阪市長は28日、共産党が政党助成金の廃止を訴えていることについて、共産の機関紙「しんぶん赤旗」をやり玉にあげて「全国の役所が購入してすさまじい額のお金を払っている。政党助成金そのものだ」との持論を展開し、「助成金がなければ(共産以外の)政党は資金を得られない。民主主義の必要経費だ」と主張した。」

私は政党助成金そのものを否定はしませんが、橋下徹の理屈はあまりにもおかしいです。赤旗の講読者のほとんどは自らの意思で赤旗を申し込み、購読料を支払っているので、橋下徹がケチをつけることではありません。

政党助成金をもらわずに、赤旗の購読料で活動資金を賄っている共産党が羨ましいのではないでしょうか?それなら、維新が発行している機関紙『維新ジャーナル』を有料にして活動資金の足しにすればいいと思います。有料じゃ捌けないでしょうがね…。

維新の日頃の主張なんて「税金に頼るな。頼らないとやっていけないものは潰れても仕方ない」と市場原理に基づいたものばかりでしょう。その理屈で文楽なんて補助金をカットされてしまったわけです。

そういった自己責任を他人に押し付ける維新が、自分の力で稼いでいる共産党を批判し自らは政党助成金を受け取ろうとするのは笑止千万です。

出来て間もない政党の維新なんて、活動資金の多くを政党助成金に頼っているはずです。単に共産党を攻撃して、政党助成金という自らの既得権益を手放したくないのでしょう。他人に厳しく自分に甘い維新の体質が如実に出た一件でしたね。




« 維新府議の安易なグローバル礼賛 | トップページ | 維新 佐々木りえのブログより »

橋下問題行動」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2063857/58124977

この記事へのトラックバック一覧です: 既得権にしがみつく維新:

« 維新府議の安易なグローバル礼賛 | トップページ | 維新 佐々木りえのブログより »