pop

  • pop
無料ブログはココログ

« 設計図を見せたくない維新 | トップページ | 大阪の教育は崩壊寸前? »

2014年11月 4日 (火)

役所の窓口に派遣が座っている件

浅野秀弥氏 FBより

浅野氏のコメント「 この業社(パソナ)に成った…委託業社選定経緯を知りたいですね…入札したのかな…橋下市長とパソナ政治規正法違反に抵触する状況ですけど…」


1415110179037.jpg

最近の大阪市では、各地の区役所の窓口で、派遣会社の人間が座っている光景をよく目にします。

座っているのはパ○ナが多いのかなといった印象です。

行革の名のもと、区役所からも正規の公務員は削減され、派遣社員に置き換わっていることが多いのです。

こうした派遣の起用には個人的に疑問を感じることが少なくありません。住民の個人情報の取り扱いを派遣の人たちに委ねて大丈夫なのでしょうか?

また、区役所職員の育成という点でも、窓口を職員に経験させることには意義があると思うのですが。

区役所の職員に窓口を一度は経験させ、そこでスキルを積み上げてもらうことにより、人材を育成していくという流れがあってもいいと思うのですが、期間限定の派遣に任せているのでは、そうした教育の場が一つなくなってしまう・・そうした悪影響を私は懸念します。

そして、何よりも、派遣元はどうやって選定しているのでしょうか?派遣元には当然のごとく仲介料が支払われますが、これは不必要な利益供与にならないのでしょうか?

『利権』との批判を、ある意味浴びかねないと思いますが・・住民の方もなんでもかんでも民間を噛ませることに、少しは疑問を感じたほうがいいのではないかと思います。

« 設計図を見せたくない維新 | トップページ | 大阪の教育は崩壊寸前? »

大阪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2063857/57889840

この記事へのトラックバック一覧です: 役所の窓口に派遣が座っている件:

« 設計図を見せたくない維新 | トップページ | 大阪の教育は崩壊寸前? »