pop

  • pop
無料ブログはココログ

« イシンノミクスとは将来への負担先送り | トップページ | なかなか話が噛み合わない »

2014年12月 5日 (金)

身を切る改革は安い人気取り

ishincheck (もうすぐ33歳)

6日(土)は大阪・寝屋川、茨城、高槻など
7日(日)は奈良、八尾、富田林、堺
8日(月)は四国・徳島・愛媛・香川
9日(火)は愛媛県八幡浜市
11日(木)は滋賀県甲賀市

橋下氏は街頭演説で大忙し。
大阪市長の公務をサボって。
それでも大阪府民・市民はまだ橋下氏を甘やかす気か?

12月5日 14時29分 Twitter Web Clientから
http://twitter.com/ishincheck/status/540739706531500032

橋下徹は選挙の投票日を迎えるまでまともに公務をするつもりはありません。普段から公務を休みがちなのですが、こういう時だけやたら熱心です。ですが、選挙演説など大阪市の行政となんら関係ありません。

橋下徹や彼の支持者は市長としての給料をカットしたと言いますが、仕事をあんまりしないのだからカットしたくらいで調度いいのではないでしょうか?

また、選挙演説ではしきりに議員定数の削減を訴えています。しかし、議員1人にかかる費用が1億円としても、100人議員を減らしても100億円にしかなりません。1人あたりの給料を減らしたとしても、同じく節約額は知れています。

そんなチマチマした政策を延々訴えてなんになるのでしょうか?議員歳費を節約しても、一部の人の溜飲が下がるだけでしょう。そんなことより日本経済を浮揚させて、国民みんなで豊かになる方法を考えたほうがよほど生産的です。

橋下徹は「身を切れない政治家に、国のお金を節約することは出来ない」と主張しますが、今の日本に必要なのは節約ではありません。

経済の低迷からなかなか抜け出せない日本がするべきことは、まずは政府がお金を使い経済のエンジンを点火することです。

みずからの給料をカットした橋下徹は、最近ハーレーを手放したと身を切ったアピールをしていますが、安っぽいパフォーマンスに耳を貸す必要はありません。


橋下氏ハーレー売った 身を切る改革実践
http://t.co/pWFhVZImn9

国の財政について、参考になるツイートがあったので引用しておきます。

moltoke_Rumia1p (moltoke◆Rumia1p)

(゚∀゚)馬鹿馬鹿しい。
(゚∀゚)将来世代から前借りだと?
うちらの世代だってその前の世代からの負債を押し付けられてるじゃないか。
なぜ、前の世代からの負債を押し付けられた側が自分達だけで負債を完済しなきゃならない?国が続く限り先伸ばし出来るのに

12月5日 7時28分 Keitai Webから
http://twitter.com/moltoke_Rumia1p/status/540633657203900417

moltoke_Rumia1p (moltoke◆Rumia1p)

(゚∀゚) なぜ、次の世代に前借り論が論外な話か?
国が継続していく限り負債は借り換えしていける。経済を成長させて負債の増加率以上にしていけば基本的に問題はないこと。
将来世代に負担を残すなという美辞麗句に酔うと現世代負担が過剰になり将来世代なんてなくなる

12月5日 7時30分 Keitai Webから
http://twitter.com/moltoke_Rumia1p/status/540634337687769088


« イシンノミクスとは将来への負担先送り | トップページ | なかなか話が噛み合わない »

橋下問題行動」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2063857/58183237

この記事へのトラックバック一覧です: 身を切る改革は安い人気取り:

« イシンノミクスとは将来への負担先送り | トップページ | なかなか話が噛み合わない »