pop

  • pop
無料ブログはココログ

« 現実をみようとしない橋下信者たち | トップページ | 浅はかな公務員叩きを続ける橋下徹 »

2014年12月 2日 (火)

税金泥棒 橋下徹

大阪市市政 市長日程

http://spwww.city.osaka.lg.jp/seisakukikakushitsu/page/0000148990.html

12月2日(火)は衆院選の公示日ということですが、12月1日、2日ともに橋下市長は街頭演説の為に公務をしていません。

2012年の衆院選時も橋下徹は選挙運動にかまけて市長の仕事をほとんどしなかったという『前科』がありますので、今回もどうなるかわかりませんね。

ちなみに、前回の選挙時の公務投げ出しを批判された時に橋下は 「市長の仕事をもっとしろ!選挙ばかりするな!とのご意見。仕方ありません。日本の政治はその程度のものだったのでしょう。」と訳のわからない言い訳をしています。


1417511571087.jpg

大阪市長である橋下徹に大阪市長としての仕事を求めるのは至極当然なのですが、橋下徹にとって大阪市長の仕事とはその程度のものだったのでしょう。

ちなみに、「橋下市長が市長としての仕事を投げ出して国政選挙の選挙活動を繰り返すのは駄目だろう」と批判を浴びせると、「橋下市長は特別職公務員。特別職には勤務時間の拘束はないから問題ない。」と擁護してくる方がおられます。

ですが、その擁護は通用しません。確かに特別職には勤務時間は定められていませんが、特別職は『その特定の職責に対し公務員籍を与えられているもの』です。

特別職としての大阪市長の『特定の職責』とは『大阪市の行政管理』です。ある人物が大阪市長の職に就いたら、その人物の行動は常に『大阪市の行政管理』を念頭にされなければなりません。

いくら勤務時間に規定はないと言っても、例えば災害などの不測の事態が発生すれば、市長は対応をしなければなりません。市長はそういった可能性も常に念頭に入れておかねばなりません。

大阪市とまったく関係ない国政の活動ばかりやって、他府県に飛び出して街頭演説を繰り返していては職責を果たしているとは言えませんし、不足の事態にも対応出来ません。自治体首長として問題外です。

1417511571087.jpg

↑こういう橋下徹の言葉を聞いて「特別職の市長は好きな時間に公務をすればいいんだ」と誤解する人がいるかもしれませんが、その認識は間違いです。

もっともここしばらくの橋下の予定は、12月3日が京都、12月4日が福岡、12月5日が広島、と全国あちこちに足を運ぶものとなっており無論その間は市長として公務をすることはありません。税金泥棒です。

大阪市民は市長でありながらその職責をまったく果たさない橋下徹にいい加減にNoを突きつけなければいけないでしょう。

« 現実をみようとしない橋下信者たち | トップページ | 浅はかな公務員叩きを続ける橋下徹 »

大阪」カテゴリの記事

橋下問題行動」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

そんな橋下さんに期待を寄せてる人は沢山いるのが現状です。

それが多数の民意です。

大阪市長兼党代表
大阪を変えることも国を変えることも延長線繋がるはなしです。
大いに結構だと思います。


市改革も国政改革にも双方に期待を寄せてる人は沢山います。

…橋下が大阪に来てから良くなったとこがどこにもないですよね?財政も不正の数も悪化してるし
それでも支持するって一体なんの意味が?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2063857/58150256

この記事へのトラックバック一覧です: 税金泥棒 橋下徹:

« 現実をみようとしない橋下信者たち | トップページ | 浅はかな公務員叩きを続ける橋下徹 »