pop

  • pop
無料ブログはココログ

« 劣勢を覆せない維新 | トップページ | 維新の選挙活動はもはや迷惑行為 2 »

2014年12月10日 (水)

維新の選挙活動はもはや迷惑行為

衆院選の投票日まであとわずかです。すでに期日前投票を済まされた方も多いでしょうね。

政治家は当選しなければ話にならないので選挙活動に熱心になるのはわかるのですが、維新の党の選挙活動が地域住民への迷惑になっているとの指摘が多数ありました。

【2014年衆院選】あいかわらず近所迷惑な維新の党 - Togetterまとめ

http://togetter.com/li/755866

党のトップが大阪市長としての仕事を投げ出して選挙活動に勤しんでいる時点でもはや問題外なのですが、維新の党に所属している候補者はどうもモラルに欠ける人間が多いのではと感じます。

録音音声で電話をかけるのは初めて聞きました。電話がかかってきて、受話器をとったらいきなり録音音声が流れるって、礼儀としてどうなのでしょうか?このような不誠実なやり方で投票してもらえると思っているのだとしたらあまりにも常識が懸けていると言わざるを得ません。

選挙カーの危険運転もこれで事故を起こしたらどうするのでしょうか。道路交通法を守っていない時点で警察が動かなければいけないでしょうね。

他にも夜遅くの大音響演説や無断でのポスター貼りなどモラルの低さや非常識さをこれでもかと示す事例が満載です。

そもそも、社会常識やマナーのなっていない人間が政治家を目指すのは論外だと思います。維新らしい選挙活動はどうしてここまで非常識なのでしょうか。陣営の中で問題行為をたしなめる人はいないのでしょうか?組織としてのお粗末さを如実に示しています。

これでは、維新の党が有権者からの信頼を得るのは無理でしょうね。

« 劣勢を覆せない維新 | トップページ | 維新の選挙活動はもはや迷惑行為 2 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2063857/58231241

この記事へのトラックバック一覧です: 維新の選挙活動はもはや迷惑行為:

« 劣勢を覆せない維新 | トップページ | 維新の選挙活動はもはや迷惑行為 2 »