pop

  • pop
無料ブログはココログ

« 思想調査はやっぱり違法 | トップページ | 新年度を目の前にしても給食改善の動きは鈍い »

2015年1月23日 (金)

電力会社叩きは卑怯です

「関電は社員の厚遇に切り込め」橋下市長、電気料金再値上げに猛反発 改めて経営総退陣求める(産経新聞) - Yahoo!ニュース

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150122-00000524-san-bus_all


橋下徹は電力会社が抱える顧問らの厚遇を問題視したとのことですが、何を言っているのかな。大阪府市が抱える大量の特別顧問・参与らの活動実態が明らかにされていないにもかかわらず、関電に対しては随分と厳しいじゃないですか。

また、社員の給料を下げるべきだと言いたいのでしょうが、下手に叩いて人材流出を招かないでしょうか。今だって、各電力会社の社員は給料を随分下げられているはず。感情に任せて電力会社を叩いて、電力供給に支障を及ぼさないか。

それにしても、リンク先には橋下徹を賞賛するコメントが多いですね。電力会社はある意味悪者になっているから、電力会社を叩けば賛同を得られるだろうと思っての橋下徹の行動か。電力会社憎しで叩いてばかりでも社会が得る利益は何もないと思いますけどね。

電力会社は原発事故以降、発言力を失いました。バッシングを受けても何も言い返せない状況で今回も橋下徹のパフォーマンスに利用されたかのようにさえ見えます。何も言い返せない相手を一方的に叩くのは弱いものいじめのようで卑怯だと思うのですが。

« 思想調査はやっぱり違法 | トップページ | 新年度を目の前にしても給食改善の動きは鈍い »

大阪」カテゴリの記事

橋下問題行動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2063857/58672056

この記事へのトラックバック一覧です: 電力会社叩きは卑怯です:

« 思想調査はやっぱり違法 | トップページ | 新年度を目の前にしても給食改善の動きは鈍い »