pop

  • pop
無料ブログはココログ

« 電力会社叩きは卑怯です | トップページ | 情報戦に負けないように »

2015年1月24日 (土)

新年度を目の前にしても給食改善の動きは鈍い

大阪市中学校給食の改善に反対する維新の会 - Togetterまとめ http://togetter.com/li/773738

問題相次ぐ大阪中学校給食問題ですが、市会において改善を求める附帯決議が採択されながらも、大阪維新の会のみがこれに反発したという経緯があります。

もともと給食問題は橋下市長が実績づくりの為だけに、拙速に給食を導入したことにより発生した問題です。

現在、橋下徹はTMなどで平松前市長時代は給食を実現出来なかったなどと批判しているとのことですが、平松前市長時代は差等補助というものが設けられ、大阪市は補助金を受けられませんでした。しかし橋下徹が市長に就任して以降、大阪市も補助金を受け取れることとなっており、大阪市はそれで給食事業を実施しています(極めて問題のある形ですが)。

平松前市長時代に差等補助という形で、大阪市に補助金を出さなかったのは、他ならぬ当時の橋下知事。自分で平松氏の邪魔をしておいて今になって貶めるとはどういう神経してるのでしょうか。

間もなく新年度が始まり、これは現在一年生のみ給食を強制されているのが、二年生と一年生の二学年強制となりますが、そこで更に問題が大きくなるのは避けられないのではないでしょうか。

行政の動きも極めて鈍いようです。出来損ないの給食強制の被害が拡大しないといいのですが。

« 電力会社叩きは卑怯です | トップページ | 情報戦に負けないように »

大阪」カテゴリの記事

大阪市給食問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2063857/58691036

この記事へのトラックバック一覧です: 新年度を目の前にしても給食改善の動きは鈍い:

« 電力会社叩きは卑怯です | トップページ | 情報戦に負けないように »