pop

  • pop
無料ブログはココログ

« 橋下「(八尾市長は)悪魔に魂を売った」 | トップページ | 大阪維新のいるかぎり 教育の再生はありえない »

2015年2月19日 (木)

赤バス廃止の市民への影響は?

今日は、Twitterで、利用者の少なかった赤バスは無駄ではなかったか?という議論が交わされていました。
赤バスは以前から廃止の議論がありながらも、地域住民から存続を求める声がありました。しかし、橋下市政のもと、赤バスは一旦廃止され、現在に至っています。

赤バスは確かに利用者がそれほど多くなかったのですが、地域にはそれを必要としている人が一定数いました。「赤バスがなくなったら外出できない」と訴える高齢者もおられた訳です。赤バスに沢山の人が乗っていなかったとしても、そうした需要がある以上は、必要とする人の移動手段をどう確保するか考えていかないといけない。なかなか難しい問題だと思います。

そうした中で、強引に赤バスを廃止してしまった橋下徹を擁護する橋下支持者の中には「赤バスは遠回りしてばかりいた」「自転車に乗ったほうが早かった」と主張する人がいます。しかし私はこのような意見は的外れだと思います。

まず赤バスは地域の面での交通を確保するものですから、地域の広い範囲をカバーする為に、地域をぐるぐる回るようなルートにしないと意味がありません。そうでないと必要とする人に利用しにくいものとなってしまします。また「自転車に乗る方が早い」というのは健常者目線での話です。赤バスに頼っていた人は、自転車に乗れないから赤バスに乗っていたわけで、自転車と比較すること自体まったく見当違いです。

それだけでなく橋下支持者は「赤バスは費用対効果が悪かった」なる理屈も言ってきますが、行政の仕事は費用対効果で評価しないほうがいい場合が沢山あります。この赤バスもその一つです。行政の仕事に費用対効果を言い出したら、福祉などはどうやって提供すればいいのでしょうか?

やはり、行政の仕事を近視眼的な利用者の数や、売上、費用対効果といった指標で評価するのは間違いだと思います。行政の仕事は広い眼で見て考えなければなりません。

私は、赤バスの在り方になにも問題がなかったとは考えていません。しかし、赤バスによって助けられていた人がいることも事実であり、赤バスの廃止が、地域にどのような影響を与えるかをよく見極めなければいけないと思います。

« 橋下「(八尾市長は)悪魔に魂を売った」 | トップページ | 大阪維新のいるかぎり 教育の再生はありえない »

大阪」カテゴリの記事

敬老パス・市バス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2063857/58984999

この記事へのトラックバック一覧です: 赤バス廃止の市民への影響は?:

« 橋下「(八尾市長は)悪魔に魂を売った」 | トップページ | 大阪維新のいるかぎり 教育の再生はありえない »