pop

  • pop
無料ブログはココログ

« 具体的な議論から逃げ回る橋下 | トップページ | 生活保護のプリペイドカード化、早くも頓挫? »

2015年3月 2日 (月)

維新の卑劣な言論弾圧

これまで、大阪市が発行していた法定協議会だよりという広報紙があり、市民はそれによって大阪都構想に関する議論の内容の情報を得ていましたが、このタイミングで橋下維新が協議会だよりの発行にストップをかけてきました。

【大阪都構想:広報紙の最新号 発行見送り - 毎日新聞 】

http://t.co/W8xjBTICF3

「 大阪都構想の協定書(設計図)をとりまとめた法定協議会(会長、今井豊大阪府議)の広報紙「協議会だより」について、3月に予定していた最新号の発行が見送られることになった。協定書案に反対する会派の意見掲載に大阪維新の会が難色を示したためだが、自民党や公明党など野党側は「協議会での議論を報告すべきだ」と反発している。

 「法定協だよりは議論の中身を広く知らせる目的で、これまで計3回発行されている。第4号は6日に新聞折り込みで大阪市内に約90万部配布する予定で、協定書案に加えて1月の議論での各会派の意見を掲載するはずだった。しかし、「大阪にはいわゆる都構想は必要ない、無駄である、無意味であるということが、より明確になりました」などとする自民の意見表明について、維新府議が法定協の代表者会議で「載せるのはおかしい」と主張。自公側が「これまでも各会派の意見を平等に取り扱ってきた」と反発していた。

 大阪府市大都市局によると、第4号の納入日は今月3日で、印刷代は業者と330万円で契約していた。見送りとなったため、損害賠償の請求を受ける可能性があるという。

 橋下徹大阪市長は2日、「行政の広報紙なので行政的な説明に限るべきだ。出すべきだとは思うが、中身の合意がとれない」と記者団に述べた。【山下貴史】」

要は都構想に関する野党の主張が市民の目に触れるのはなんとしても避けたいということです。自分たちがやっていることはやましいと自覚しているし、都構想とはとてつもない問題をはらんでいるのも自覚しているからこそ今回のような暴挙をやってしまうのでしょう。

以前、橋下徹は「皆さん設計図を見たくないですか!?」と言って出直し選挙を強行しました。しかし、それでいざ設計図が完成したとき「皆さんは設計図の中身を見る必要は無いんですよ!」と以前の主張を翻してしまいました。都構想の中身について真面目に検討されると都合が悪いと思っていたのです。それだけ問題が多いと言うことです。

そして、橋下維新がかける圧力は今回の件にとどまりません。

【 橋下市長が大阪都構想について市職員に箝口令 - Togetterまとめ 】

http://togetter.com/li/773185

現在の大阪市では市職員にまで圧力がかけられ、都構想に関する発言が封じられています。そうでもしないと、たくさんある都構想の問題点が容易に表沙汰になってしまうからです。

今、大阪で起きていることは、明らかな言論弾圧です。都合の悪い意見は、徹底的に市民の目の届かないところに追いやり、不都合な真実を伏せたまま、市民にメリットのない都構想を呑ませようとする。

そして、外部から都構想の内容に疑問を呈する学者が現れれば、徹底的な人格批判と印象操作でその発言を封じようとする。

この卑劣な言論弾圧を許してはいけないと思います。この言論弾圧に屈しないように、反都構想派は団結して対抗する必要があるでしょう。

« 具体的な議論から逃げ回る橋下 | トップページ | 生活保護のプリペイドカード化、早くも頓挫? »

大阪」カテゴリの記事

橋下問題行動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2063857/59120878

この記事へのトラックバック一覧です: 維新の卑劣な言論弾圧:

« 具体的な議論から逃げ回る橋下 | トップページ | 生活保護のプリペイドカード化、早くも頓挫? »