pop

  • pop
無料ブログはココログ

« 中原辞任と橋下のセカンドレイプ | トップページ | 「都構想」で大阪はダメになる »

2015年3月13日 (金)

行政区と特別区は比較するべきではない

ネット上の主張で少し気になること。

「大阪都構想で大阪市は廃止・解体され5つの特別区に分割される」という主張に対して「今の大阪市には24区あるじゃないか。24区が5区になるのだから分割ではないんじゃないの?」と反論してくる人がおられます。

しかし、この反論は妥当でしょうか?確かに現在の大阪市には24の『行政区』が存在しますが、その行政区がより集まって大阪市という1つの『自治体』が形成されています。大阪市廃止解体で新たに設置される区は『特別区』であり『行政区』とは異なります。

現在は淀川区民も西淀川区民も大阪市に対して市税を納め、予算の使い途も大阪市会において決定されていますが、特別区に移行後は現淀川区民は『新北区』に、現西淀川区民は『新湾岸区』に納税し、予算の使い途も区議会で決定することになります。

同じ自治体同士の比較でこれまでは大阪市という1つのまとまりでやっていたのが、特別区に移行後は5つのバラバラの自治体へ、これが実情なのではないでしょうか。

例えて言うならば今までは24人で1つのチームを作っていたのが、今度は24人で5つのチームを作ることになる。こちらのほうが実態を正確に表しているのではないかと思います。

« 中原辞任と橋下のセカンドレイプ | トップページ | 「都構想」で大阪はダメになる »

大阪」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2063857/59246552

この記事へのトラックバック一覧です: 行政区と特別区は比較するべきではない:

» 1.はじめに ~何を決める「住民投票」なの? [そうだったのか!?「都構想」~住民投票の手引き]
1.はじめに ~何を決める「住民投票」なの? そもそも、今回の「住民投票」で、何 [続きを読む]

« 中原辞任と橋下のセカンドレイプ | トップページ | 「都構想」で大阪はダメになる »