pop

  • pop
無料ブログはココログ

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月30日 (木)

大阪市廃止解体で失われるものは

住民投票の期日前投票が始まっています。この住民投票で賛成が上回るようなことがあれば、大阪市は廃止され五つの特別区に解体されてしまいます。

京都大学教授の藤井聡氏は、大阪市が廃止されることで都市計画のノウハウが失われてしまうだろうと指摘しています。大阪市は大都市として優秀な職員が集まり、ミナミやキタなどの開発をてがけ、都市計画のノウハウを蓄積してきました。大阪市が解体されてしまうと大阪の都市計画をてがけてきたエリートたちは府に移ることになるでしょうが、その職員たちがこれまでのように人口の集中した現大阪市域への、やりがいのある都市計画に携わる機会は激減するでしょう。なぜなら、特別区となった現大阪市域にお金を投下する余裕は大阪府にはないだろうからです。

かくして、大阪市がもっていた都市計画のノウハウは失われてしまうだろう、と予想されるのです。
藤井聡氏の解説を是非ご覧ください。

また、教育関係者からも大阪市解体に疑念の声をあげている方がおられます。
大阪市の中学校校長、名田氏です。

名田氏のフェイスブックからシェアします。
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=792992494152715&set=a.151568654961772.30473.100003259168709&type=1&theater


【大阪市は今のまま改革を進めるべきであると思います。
大阪市は歴史的に大阪市であるが故にその発言力も影響力も大きいです。

かつて大阪市の英語教育は全国をリードしていた時代がありました。その時代は経済的にも大阪市には力があり、意欲的な若手教員(我々が採用された時代)は恐いもの知らずで、研究分野でも大阪市は先端を走っていました。

グローバル経済は一極集中を望み、流通網の整備で関西圏の経済は東京にはもはや太刀打ちできません。

では、何で太刀打ちするのか?

私は大阪人のプライドと個性で全世界にそのアイデンティティを発揮するしか生き残る道はないと思います。

大阪市は今ある大阪市全てが我が郷土でありその結束なく分散して果たして生き残れるでしょうか?

大阪市立中学校教育研究会英語部は大阪市が分割廃止されたら、その歴史は終わります。もし、大阪市が大阪府に接収され、大阪府英語教育研究会に一元化されたとしても、東京都中学校英語教育研究会と比較するとその規模と文部科学省の国策を背負い研究を進める状況と比べたらとても太刀打ちできません。

代表として、政令指定都市英語教育研究会や全国英語教育研究会。近畿英語研究会などに参加しますが、大阪市のネームバリューは大きく、今進めている研究についても日本じゅうから注目をうけることと思います。

しかし、もし分割されたらその基軸は失われます。我々は命令には従う立場なのでそれも仕方ありません。そうなれば、大阪府の配下になり大阪市のアイデンティティは薄まり事実上の封印です。

大阪にとって二基あるエンジンのうち推進力の強いエンジンを止めることが果たして正解でしょうか?

最も古い政令指定都市で個性豊かな大阪市のネームバリューを捨てて、大阪は栄えますか?

解体せず、行政改革を府市連動ですればすむ話だと私は思いますが。】

大阪市は大阪市一体で今まで取り組んできた研究があるのですね。
大阪市が解体されることで、失われてしまうものは多岐にわたって存在しますね。その重みを、果たして大阪市民のどれほどが感じとっているのでしょうか。

2015年4月24日 (金)

維新 不祥事リスト

適菜収氏のFacebookより
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=450123725150485&id=100004585838188&ref=m_notif¬if_t=like
維新の会は犯罪集団です。
以下、『週刊新潮』の不祥事リスト。

■橋下氏肝煎りの公募区長、校長、教育長のセクハラ、パワハラ、モラハラ

【元・東住吉区長 和田智成】
他の区長に「無能」と暴言を吐き、2013年4月に更迭。その後、虚偽の経歴や年金記録文書の改ざんが発覚し、同年4月、分限免職処分。

【元・東成区長 森伸人】
女性職員に「今から昼下がりの情事に(行く)」と大声で発言するなどのセクハラ行為で、14年3月、更迭。

【元・鶴見区長 都倉尚吾】
区発注事業の参加業者と会食したり、複数の業者と不適切な交際。14年3月、更迭。

【淀川区長 榊正文】
12年8月に「アホか、相当な暇人やな」とTwitterで投稿。

【元・南港緑小学校校長 千葉貴樹】
就任からわずか3カ月で退職。「自身の体験を生かせる学校ではなかった」「給与が経歴に関係なく最低給」と弁明。

【元・三先小学校校長 吉田敬】
保護者の臀部を触ったり、「僕と会えなかったらさみしい?」などとセクハラ行為を行い13年9月更迭。

【元・大和田小学校校長 大久保達巳】
PTAの現金約10万円を自宅に持ち帰ったことが発覚。その後、「体調不良」で欠勤が続いていた。14年7月懲戒免職。

【元・枚方高校校長 京田伸吾】
14年5月28日、大阪市内のスーパーで和菓子など14点、2547円相当を万引き。懲戒免職に。

【元・巽中学校校長 北角裕樹】
独断的な学校運営が行われていると、職員や保護者らから反発を受け、14年7月依願退職。

【元・大阪府教育長 中原徹】
14年10月、府教育委員に対し「誰のおかげで委員でいられるのか」とパワハラ発言。15年3月辞職。

■不祥事を起こした国会議員、府・市議会議員など

【衆院議員(大阪9区) 足立康史】
12年の第46回衆議院議員総選挙において、運動員が公職選挙法違反容疑で逮捕。

【衆院議員(大阪7区) 上西小百合】
12年の第46回衆議院議員総選挙において、運動員が公職選挙法違反容疑で逮捕。

【元・衆院議員(愛媛4区) 桜内文城】
12年の第46回衆議院議員総選挙において、運動員が公職選挙法違反容疑で逮捕。

【衆院議員候補(京都1区) 田坂幾太】
12年の第46回衆議院議員総選挙において、運動員が公職選挙法違反容疑で逮捕。

【衆院議員(群馬2区) 石関貴史】
2014年の衆議院選挙において、元秘書が公職選挙法違反容疑で逮捕。

【衆院議員(青森1区) 升田世喜男】
14年の衆議院選挙において、運動員が公職選挙法違反容疑で逮捕。

【衆院議員(大阪19区) 丸山穂高】
14年6月、銀座のホステスにホテルでの一夜を暴露された(事務所は否定)。

【吹田市長 井上哲也】
12年10月、後援会関係者に市の事業を発注。後に、大阪維新の会の顧問を解任。

【大阪府議 山本景】
14年8月、LINEで地元の女子中学生を恫喝していたことが発覚。

【大阪府議 橋本和昌】
12~13年度、架空のタクシー代約24万円を政務研究費として計上(後に全額返還)。

【大阪府議 鈴木憲】
本来認められていない用途で街宣車を使用し、政務調査費約177万円を流用(後に全額返還)。

【大阪府議 荻田ゆかり】
事務所スタッフに子供の送迎を依頼。その費用を政務活動費から流用。総額約372万円(本人は否定、後に全額返還)。

【大阪府議 奥野康俊】
市議時代のHPは削除しているにもかかわらず、管理費の名目で262万円を政務活動費から実兄に支払っていた(後に全額返還)。

【大阪市議 木下誠】
政務調査費のうち約200万円分、支出目的を裏付ける領収書がない等の不備(後に全額返還)。

【元・堺市議 西井勝】
12年1月1日、飲酒運転中、バイクと接触事故を起こしながらそのまま逃げた容疑で逮捕。

【大阪維新の会 大阪市議団元事務職員】
市議団の政務活動費から735万円を自身の口座に振り込み、業務上横領容疑で書類送検。

「特集 中身はポンコツばっかり『橋下チルドレン』不祥事一覧」より

維新は嘘でしか実績を語れない

【全文掲載】これぞ戦後最大の詐欺である 適菜収(作家、哲学者)+本誌取材班――特集 「大阪都構想」の大嘘

http://www.gruri.jp/article/2015/04230900/

新潮45に掲載された適菜氏の記事が、ネットでも閲覧できるようになりました。是非ひとりでも多くの方にご覧いただけるよう、拡散に協力したいと思います。このブログを見てくださった人ももし気に入ったら適菜氏の記事の拡散にご協力いただければと思います。

適菜氏の記事の内容はこれまでにもよく言われていたような維新のTMでの詐欺パネルについてなどです。

ここで指摘されているようにグラフの幅をかえたり、比較対象をおかしくしたパネルを使用してさながら催眠商法のようなやり方で市民を洗脳しているわけですね。まさに良心のかけらもない維新らしいやり方だと思います。

さらに、新潮45の5月号には元維新市議の村上氏の記事も掲載されているのですが41ページにはこのような記述があります。
【二年ほど前のことでしたか、維新がタウンミーティングに使うパネルを作り始めました。まだパワーポイントのデータ段階だったかもしれませんが、橋下代表が見て「あのグラフは詐欺でしょう、嘘ではないけれど」と言った。この時、この人は政治家ではなくて、社会扇動家なんだなと思った。】

つまり、維新が使っている詐欺パネルは使っている維新自身、市民を欺く結果になると自覚しつつ使っているのです(まあそうだと思ってましたけど)。維新はやはり悪質です。

そして維新がこのような市民を欺くパネルを使い続ける理由とは、維新にさしたる実績がないからなのではないでしょうか。橋下知事が誕生してから7年が経とうとしていますが、その間に胸を張って主張できる実績があればそれをパネル化すれば済みます。そのような実績がないからこそ、維新はパネル詐欺をいつまでも続けているのです。

いまだに「橋下さんは頑張ってはるわ」という市民が少なくないのですが、橋下には大した実績もなにもないのだということを早く気付いてもらいたいものです。

2015年4月 9日 (木)

維新の主張には中身がない

橋下市長が推進する都構想について、その二重行政解消効果はほぼ皆無であり、コストばかりがかかってくることをこのブログでは何度も指摘しました。他にも致命的な欠陥をいくつも抱えていることをお伝えしてきました。

しかし、そのような杜撰なものであっても橋下徹はなんらかの夢が描けるかのように言います。いったい、都構想のどこに可能性があるというのでしょうか?ツイッターで、維新が主張する成長戦略についてツイートしていた方がいますので、今回はそちらを引用したいと思います。

ということで、都構想の成長戦略は、ツイート主さんの仰るように、非常にショボイものであると言えると思います。

おまけに、維新HPはデザインばかり立派で内容は杜撰、これは都構想の本質そのものではないでしょうか?都構想は見た目は気を使っていますが内容は杜撰なのです。

見てくれだけ偽装してよくわかっていない市民を騙そうとする維新のやり口をよく表していると思います。そういえば維新が使うパネルなども有権者を騙そうとしているとしか思えないものばかりですね。

維新詐欺パネル集

総統閣下は橋下維新のパネルにお怒りのようです

中身のないもの、嘘混じりのものを市民に押しつけようとするのが維新クオリティ。

徹底的に大阪市民をなめた態度なのがミエミエですね。

2015年4月 8日 (水)

相変わらずやりたい放題の維新候補者

1428496269164.jpg

顔の上にシールを貼られるなどしていた上西小百合の不祥事が世間を騒がすところとなり、テレビでは連日この話題が取り上げられています。スポーツ紙にはこの話題に関して橋下市長の名も紙面に登場する機会が多くなり、不祥事は痛手でも橋下徹は意外とこの件を利用してやろうとでも思っているのかもしれません。

統一地方選が佳境を迎えており、この件がどう影響を及ぼすかは未知数です。今回の一件で維新議員の質の低さが改めて露呈した形になったと言えるのではないでしょうか。今回の統一地方選でも、呆れるような行為に及んでいた維新議員がいます。

【コスプレポスター】

1428496597352.jpg

このきくうら尚美という候補はナース姿のポスターを貼っています。何を考えているのでしょうか。

【選挙活動で迷惑行為】

また、維新による選挙活動がまたもや地域住民に迷惑をかけているそうです。昨年の衆議院選挙でも同じような記事を投稿しましたが、またもや同じ批判を繰り返すことになったかと思うと情けない気持ちでいっぱいです。

【騒音公害】維新の党・大阪維新の会の街宣行動【大阪都構想】
http://togetter.com/li/804992

まとめによると、騒音レベルのアナウンス、道交法違反の迷惑危険運転などを今回もやっており、やはり維新の元に集まった人間はモラルに欠けることが多いのだなあと改めて思い知った次第です。

やはり最低限の常識やモラルを欠いた人間は政治家になるべきではないと思いますし、有権者には候補者によるこうした行為も十分に参考にしつつ、賢明な判断を下して欲しいと願っております。

2015年4月 5日 (日)

都構想で損する大阪市民

1428202638860.jpg

大阪市が廃止された後に設置される特別区には自主財源が乏しいです。これは本来は基礎自治体の収入となるはずの法人住民税や固定資産税といった項目が特別区には入らず、大阪府の収入となるためです。

つまり、本来は自分達のための身近な行政サービスに使ってもらえるはずの法人住民税、固定資産税が、特別区民だけが自分達で使い途を決めれず、特別区以外の自治体に『流出』する構造であることを意味します。これは、極めて不公平な制度設計であると言えるのではないでしょうか?

この指摘をすると「産業の集中している大阪市が、大阪府下の他の自治体のためにも負担するのはある意味当然なのではないか」と反論してくる人がおられます。

ですが、大阪市民は現在でも府税を納めており、大阪府下の地域間格差の調整は、府税の範囲で賄うのが当然ではないでしょうか?

大阪府における府税の実に六割が、大阪市からによるものです。大阪府における大阪市の人口割合は三割にもかかわらずです。

大阪都構想の財政効果が実質マイナスであることに合わせて、大阪市民の税金が府に吸い上げられる構造になっていることを踏まえれば、特別区制度が大阪市民に不利益をもたらす構造になっているのは明白ではないでしょうか?

2015年4月 3日 (金)

無題

藤井教授のサイトより


1428057758445.jpg

藤井教授の新著『大阪都構想が日本を破壊する』がいよいよ発売です。早ければ今週末にも書店に並ぶとのことです。

住民投票まであと一ヶ月余りです。この本はAmazonのランキングで一位を獲得しているとのことで、関心の高さがうかがえます。私は藤井教授を応援します。

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »