pop

  • pop
無料ブログはココログ

« 橋下の手法 その問題点 | トップページ | 大阪の教育はどのような目にあってきたか »

2015年5月21日 (木)

住民投票が終わっても、やりたい放題の芸能人

住民投票が無事に?終わりましたが、これでめでたしというわけにいきません。何やら「終わったらノーサイド」という主張があるようですが、今回の「都」構想というものがどういうものだったか、なぜ反対多数となったかの分析、総括は必要ですし、プロセスに問題がなかったのかあらためて考える必要があると思います。

また「高齢者が反対したせいで廃案となった」などと世代間対立を煽るような発言をするものなどもあり、とても看過できない状況ではないかと言わざるをえません。

特に辛坊という男は生活保護受給者のせいで否決などととんでもない主張を公共の電波で垂れ流しており、その人間性を疑います。

また辛坊を招いて勉強会を開催したたむらけんじという吉本の芸人も、住民投票が終わったあと、賛成の立場であったことを明らかにしました。

たむらは住民投票直前まで反対派に絡んで反対派を貶めようと画策していたフシがあり、「反対派は気持ち悪い」などとあからさまな中傷までしています。

もうやり過ぎというかなんというか、そこまで橋下を応援しようとするのはなんなんでしょう?

反対派を晒すことで、都構想賛成に誘導しようとしたようですが、結果的に炎上しただけになりましたけどね。

しかし橋下を持ち上げようとする輩がいまだにテレビでうじゃうじゃいるのを見るにつけ、先が思いやられます。こういう芸人たちはなんとかならないんでしょうかね。

たしかに人間性の問題ですね。

« 橋下の手法 その問題点 | トップページ | 大阪の教育はどのような目にあってきたか »

大阪」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2063857/60075198

この記事へのトラックバック一覧です: 住民投票が終わっても、やりたい放題の芸能人:

« 橋下の手法 その問題点 | トップページ | 大阪の教育はどのような目にあってきたか »