pop

  • pop
無料ブログはココログ

« 大阪府の財政を悪化させた橋下徹 | トップページ | やっぱり都構想なんて論外だった »

2015年5月 5日 (火)

都構想でサービス低下、負担は増える

大阪市廃止解体は市民にメリットのない話で、住民の負担が増えるという指摘が次々に出されています。

さしあたって、健康保険料などが代表的な例ですね。

これにはお医者さんたちも危機感を表明しているそうです。

また介護保険料も心配です。ですが、介護保険料は大阪市は先回りして上げているそうなので、大阪市の廃止解体後に急にあがるという話ではないそうです。

このように、現時点で介護保険料は相当高い水準まで引き上げられたそうです。

内容に一部訂正があったそうです。ですが大阪市が介護保険料を引き上げたことには変わりありませんね。

それはともかく都構想には財政効果がなく、市を分割するコストを負担しなければならなくなる以上、市民が負担をこうむることは確実と言える状況でしょう。

橋下徹は「市民は細かいことをわからなくてもいい」と言いますが、とんでもない。中身を知られたら都合が悪いから言ってるんです。迷うことなく住民投票では反対に投票しましょう。

« 大阪府の財政を悪化させた橋下徹 | トップページ | やっぱり都構想なんて論外だった »

大阪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2063857/59889146

この記事へのトラックバック一覧です: 都構想でサービス低下、負担は増える:

« 大阪府の財政を悪化させた橋下徹 | トップページ | やっぱり都構想なんて論外だった »