pop

  • pop
無料ブログはココログ

« 都構想を巡る戦いに終止符 | トップページ | 住民投票が終わっても、やりたい放題の芸能人 »

2015年5月18日 (月)

橋下の手法 その問題点

今回の住民投票では辛くも勝利をおさめ無事に都構想を廃案に追い込むことができました。しかしこれはほんの少しの要因がこちらに不利に傾いていたら、結果は逆になっていたでしょう。いまだに市民の半数近くが橋下を支持しているものと思われ、状況を楽観できるものではありません。

ましてや今回、住民投票を実施するに至った時点で大きな後退だと思います。本来は間接民主主義の理念にもとづき、議会の承認を得て政策を決めていくことが望ましいのですが、橋下の裏工作により、結局一度は議会で否決された協定書が復活して、住民投票にかけられることになったのです。

協定書はあれだけの欠陥品だったにもかかわらず http://t.co/Krt19KjGpn 行政の知識をもたない一般有権者の投票に委ねた結果、とんでもない欠陥構想が可決しそうになったのはとんでもないの一言です。

そもそも、橋下のアジテーションに扇動される有権者にも大きな問題があります。

私は大阪市民として、このような問題が今後もおこらなくなるように、今回の問題点を分析し記録することをなるべくやっておこうと思います。

ここでツイッターで拾った橋下の既得権批判の問題点を紹介します。

橋下は自分を改革者=善 反対する人間を既得権者=悪の単純な図式に見立てて大衆を煽ってきました。
もちろん、世の中はそんなに単純なものではないですが、橋下が「既得権」を悪の代名詞のように繰り返し使うことで、深くものを考える習慣のない人から善悪二項対立の構図を頭に植えつけられてきたのではないでしょうか。

橋下のこのやり方は完全に扇動です。反対は悪であるという空気を作り出すことで、自分の思い通りに物事を進めようとするのは全体主義のやり方です。橋下は全体主義をこの大阪に持ちこみました。

住民投票の否決で、少しでもこの空気を払拭したいのですが、まだまだ難しいのでしょうか。

« 都構想を巡る戦いに終止符 | トップページ | 住民投票が終わっても、やりたい放題の芸能人 »

大阪」カテゴリの記事

橋下問題行動」カテゴリの記事

コメント

危うく橋下の独裁が始まるかもしれなかったのに、橋下派は事実を見ず改革が必要と絵空事ばかりでしたからね。私は橋下がしでかした今までの悪事は一生忘れないですね。橋下がいずれ国政に出ると言われておりますが断固拒否です!あの顔は二度と見たくない!

橋下の大阪市での実際の評判を知りたくて、ここを拝見しました。      彼の場合、大阪府庁のWTC移転問題の時のように、自分がこうと決めたら、そっちに進まないと気が済まないようです。アイディアを出すのは簡単だけど、現実には様々な問題があって、実現化には、「現場」の声を聞くことが、最も重要なのに。         都構想ばっかりにかまけてないで、大阪に「今ある」問題解決に努力してくれないと、困ります。    弁舌だけは巧みだけど、実務能力はないように思います。弁護士はできても、一般企業では、使えません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2063857/60047717

この記事へのトラックバック一覧です: 橋下の手法 その問題点:

« 都構想を巡る戦いに終止符 | トップページ | 住民投票が終わっても、やりたい放題の芸能人 »