pop

  • pop
無料ブログはココログ

« 住民投票が終わった今だからこそ検証はやっておくべき | トップページ | 橋下が築き上げた訴訟の山はどう片づけるのか »

2015年5月28日 (木)

結果がでてからの意味不明な世論調査

住民投票で反対多数となりましたが、その後のマスコミの報道の在り方に私はいたく不満を持っています。

先日の住民投票について、産経新聞が『全国の』世論調査で大阪都構想が否決されたことを評価するかしないかを調べたとのことです。その結果『評価しない』が『評価する』を上回ったとのことですが、そもそもそんな調査になんの意味があるのでしょうか?そもそも大阪都構想と言うのは俗称で、先日の住民投票では大阪市を廃止解体するかどうかを大阪市民に問うたわけです。そのうえで大阪市民は『大阪市を存続させる』と決めたわけで当事者がそう選択したのならそれでいいのではないでしょうか。そこになぜわざわざ大阪市民以外はどう思うかなどの話を始めるのか理解に苦しみます。

問題の記事はこちら。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150526-00000095-san-pol

 【産経新聞社とFNNが23、24両日行った合同世論調査によると、「大阪都構想」が17日の住民投票で反対多数となったことを「評価しない」とする回答が46・4%となり、「評価する」の39・6%を上回った。約1万票の僅差で反対が多かった投票結果とは逆の評価となった。

 支持政党別にみると、党大阪府連が都構想に反対した自民党支持層でも「評価しない」は47・6%で、「評価する」の41・0%を上回った。党府連が反対した民主党支持層も「評価しない」48・4%、「評価する」41・9%だった。

 住民投票が行われた大阪市を含む近畿ブロックでは、「評価しない」が54・9%で、「評価する」の37・7%を上回った。】

これに対して藤井教授は薬師院氏のコメントを紹介され批判的に論じておられますがまったくこれに同意見です。

毎日に続き、産経の調査でも,こうなっています.http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150526-00000095-san-polこの件について,帝塚山学院大の薬師院先生の下記コメントが,あまりに「お...

Posted by 藤井 聡 on 2015年5月27日

多くの人が忘れてしまっているかと思いますが、「都構想」の中身について全く周知されておらず,イメージだけが喧伝されていた「初期のころ」では, 「地元・大阪」ですら,都構想に対して世論は「ダブルスコア」以上で賛成多数だったのです!下...

Posted by 藤井 聡 on 2015年5月27日

私自身、反対活動を通じて市民と対話する機会を多く持ってきましたが、当事者の大阪市民ですら今回の住民投票で何が問われているのかよく理解できていない人が多かったです。当事者たちでさえこうなのに、全国の有権者が都構想の中身を理解できているかなんてまったく思えません。

イメージだけで都構想を論じられていたころは大阪市民の中に『ふわっとした賛成』が多かったのだと思います。ですが、都構想の内容について大阪市民なりにつきつめて考えていくうちに「ひょっとしたら、これはなにかヤバいんじゃないかなあ」という疑念のようなものが大阪市民のあいだに広まってきたのではないでしょうか。

そうした様々な要因や過程があって、今回の住民投票の結果がでたというのに、このようなマスコミの論調は甚だ遺憾で不快感を覚えるものです。たんに橋下にとって都合のいい記事を書きたいだけなのかとも思えてしまいます。マスコミがこれではまだまだ橋下がやりたい放題できる素地があるのだろうと言わざるをえないでしょう。

« 住民投票が終わった今だからこそ検証はやっておくべき | トップページ | 橋下が築き上げた訴訟の山はどう片づけるのか »

大阪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2063857/60160441

この記事へのトラックバック一覧です: 結果がでてからの意味不明な世論調査:

« 住民投票が終わった今だからこそ検証はやっておくべき | トップページ | 橋下が築き上げた訴訟の山はどう片づけるのか »