pop

  • pop
無料ブログはココログ

« 単純な効率性追求は脆弱さを招く | トップページ | 醜態をさらし続ける既得権益者 »

2015年6月17日 (水)

橋下のサボりを肯定する人は、社会人経験あるのだろうか?

橋下が大阪市内の各行政区の視察に行ったと、報道されました。

【大阪)橋下市長、区役所を視察 11年の就任後初めて】
http://www.asahi.com/articles/ASH6J67D5H6JPTIL027.html

【大阪市の橋下徹市長は16日、阿倍野区役所と西淀川区役所を視察し、区長や職員らと意見交換をした。市政策企画室によると、2011年12月の市長就任以来、橋下氏が区役所の庁舎を視察するのは初めて。

 橋下氏は就任後、区長を公募制にして局長級より上位に位置づけ、扱う業務を拡大。区独自の予算も増額した。12月の任期満了で退任すると表明しており、区政の課題を現場で点検する狙いだ。17日も2区役所を訪れる予定にしている。】

市長が、区役所の視察にいくなど、ごく普通の行為です。にもかかわらず橋下はこれまで一度もいったことがなかったのですね。今まで何をしていたんだという話です。まあ、公務日程なしを連発して都構想の推進のために公務を放り投げて、挙句台風の到来時にはツイッターで遊んでいたというのが実態ですが。。

この不名誉な記録を破る人間は今後現れないのではないでしょうか。仕事をしない市長は橋下で最後にしてほしいですね。

この吉富氏の意見がもっともですね。橋下は何か批判されると「現場を知らない人間は黙っていろ」と言い返していましたが、そもそも橋下は現場のことなんて知ろうともしてなかったということです。現場を知らない人間になにができるかという話で。ましてや最低限の公務さえしていない人間がなにかわめいたところで、部下がついてくるはずがないのです。

ましてや橋下市政では公務員は市民からの攻撃の的になりがちで橋下は改革者と喝采を浴びる状況で、公務員のモチベーションは下がっても仕方がないでしょう。この市民の公務員にムダに厳しく橋下にムダに甘い態度はよくないと思います。無論、悪いことをする公務員だっていますし公務員の不祥事案件には腹をたてても当然な訳ですが、橋下の公務日程なしはもっと市民からの批判にさらされるべきなのです。

この件にも、橋下信者といわれるような人たちが例によって橋下擁護を繰り返しています。
やれ「役所に行ってないからといって仕事をしていないとは限らない」とか「メールでも公務はできる」とか詭弁を弄しますが、はっきりいって自治体首長でここまで公務をしないのは異常です。

なぜこんなにまで公務日程なしを橋下が連発している状況を擁護できるのかまったく理解が及びません。普通の社会人経験があれば、そんな仕事ぶりはほとんどの職場で通用しないと理解できるでしょう。他の市長たちにしてもここまで仕事を投げ出したりはしていませんでした。

橋下は公募区長などを任用して各行政区に配置しましたが、そんな制度を導入する前にやるべきことはいくらでもあったはずですよね。

そもそも、橋下のもっとも罪深いところは、大阪市のことをよく知ろうともしないで、解体しようとしたことなのではないでしょうか。

« 単純な効率性追求は脆弱さを招く | トップページ | 醜態をさらし続ける既得権益者 »

大阪」カテゴリの記事

橋下問題行動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2063857/60417511

この記事へのトラックバック一覧です: 橋下のサボりを肯定する人は、社会人経験あるのだろうか?:

« 単純な効率性追求は脆弱さを招く | トップページ | 醜態をさらし続ける既得権益者 »