pop

  • pop
無料ブログはココログ

« 負けた腹いせ?元維新大阪府議の妄言 | トップページ | 住民投票の意味はなんだったのか?再び維新が都構想を掲げる »

2015年7月30日 (木)

維新・伊藤良夏の政活費不正

【レクサス購入に政務活動費充当 大阪市議、80万円返還
http://www.asahi.com/articles/ASH7W2TQMH7WPTIL003.html

大阪市議の伊藤良夏(よしか)氏(35)=大阪維新の会、住吉区選出=が、トヨタ自動車の高級車「レクサス」をローンで購入したのに、政務活動費80万8450円を「自動車リース費用」の名目で支払いに充てていたことが朝日新聞の取材で分かった。伊藤氏は「契約は母親任せで、確認せずにリース契約と思い込んでいた」と説明。不適切な支出と認め、27日までに全額を返還した。

 市議会では、政務活動に使う自動車のリース費用には政活費を使えるが、資産形成につながる支出は認めていない。市議会の「手引き」も自動車の購入には充てられないと明記する。

 政活費の収支報告書によると、伊藤氏は2012~13年度に「レクサスクレジット」名で月7万300円を支払い、うち23カ月分は半額の3万5150円について、「リース費用」名目で政活費を充てていた。】



維新の会の伊藤良夏市議が政務活動費をレクサスの購入費に充てていたことが発覚しました。これについて、伊藤は「母親に契約をまかせていた」「リース契約だと思い込んでいた」との言い訳をしており、政務活動費を返還しましたが、この件は過失でなく故意の疑いが濃厚ですね。この件はとくダネでも放送されました。

ローンとリースを間違えていたという言い訳が怪しい。ローンであれば、自動車税の請求などがくるのではないでしょうか?仮に本当に間違えていたのだとしても、この程度の契約のチェックもできないのであれば、議員の仕事はつとまりません。役所の仕事や予算などをチェックするのも議員の仕事ですので、こんな勘違いをする人間になにができるのかという話になってしまいます。契約を母親に任せていたというのも、いい歳した人の使ういいわけではないと思います。

私はあまり車に詳しくはないのですが、レクサスは400万円は下らない車ということで、購入するにしてもレクサスである必要があったのでしょうか?これが身を切る改革を主張する政党の議員のやることとは思えません。身を切る改革とやらで人気取りをするパフォーマンスは本来好みませんが、どうせやるならこういうところはきっちりやるべきだからです。議員歳費をカットするなどと散々アピールしておいて、政務活動費でレクサスを乗り回しているなど都合が良すぎます。

プリウスの在庫がなかったなどとも言い訳しているようですが、これもウソ臭いですね。。。

そして今にいたって問題の本日が把握できていないのか、市民の皆様に理解を得られる車種に代えたいなどとコメントしています。この人は元はモデルだったそうですが、社会人としての常識が欠落しているようにしか見えません。もっとも社会人としての常識を備えていれば維新には入らないと思いますが。この件は返金したり車種を変えたりでは収まらないのは明白なので、辞任をするべきだと思います。


« 負けた腹いせ?元維新大阪府議の妄言 | トップページ | 住民投票の意味はなんだったのか?再び維新が都構想を掲げる »

大阪」カテゴリの記事

コメント

維新の議員はカスばっかりでっせ。

こいつ(維新市議全員)を市議選で叩き落とせ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2063857/60961436

この記事へのトラックバック一覧です: 維新・伊藤良夏の政活費不正:

« 負けた腹いせ?元維新大阪府議の妄言 | トップページ | 住民投票の意味はなんだったのか?再び維新が都構想を掲げる »