pop

  • pop
無料ブログはココログ

« 「住んでいない?」 大阪維新の会の東大阪市議の居住実態を巡って、市民から異議申し立て | トップページ | くりはら貴子&柳本あきら 演説動画 »

2015年10月21日 (水)

法をも無視する維新の言論弾圧

公党である「大坂維新の会」(橋下代表)が、藤井の私信を「通信傍受」し、その傍受に基づいて藤井のTV出演についてBPOに異議申し立てをしておられます。この件について、下記の声明文を、公表いたしました。要点は、以下の通りです。—————...

Posted by 藤井 聡 on 2015年10月17日

維新が藤井教授が送ったとされる私信を根拠に、教授をテレビに出すなと圧力をかけたばかりか、あろうことか私信を勝手にホームページ上で公開するなどという信じがたい行為をしています。

この件に関して藤井教授は抗議する声明文を出されました。維新のやり方はあまりにも卑劣です。

維新は藤井教授のメールを入手したということですが、いったいどうやって入手したのでしょうか?

 日本国憲法第21条は、
「検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない」
 ですが、あきらかに違反しているのではないでしょうか?

維新のやっていることは本当におかしいです。維新に批判的な言論をしていると、個人的なメールのやりとりまで検閲され、勝手に公開されてしまう危険があるということです。

これだけでもう、自由な言論が保障されなくなってしまいます。言論の自由に対する挑戦です。

また、一番恐ろしいのは、こうした圧力をかけられることが当たり前のようになってしまってはいけないということです。

橋下はこれまで、自分に批判的な言論をする人間に対して記者会見やツイッターで罵倒することを繰り返してきました。こうして何人もの人が名誉を傷つけられてきましたし、言論を封殺されてきました。橋下の攻撃のターゲットにされることにより、その人の所属する組織にまで批判が殺到したりしたからです。

橋下のこの問題行為はあまりにも数多く繰り返されてきたため、周囲の人間は『慣れっこ』になってきたきらいがあります。ですが、はっきりいってこれは異常事態なのです。

問題行為は問題行為として、しっかりと糾弾されなければならないのです。

でないと我が国の自由な言論は死んでしまいます。

これは我が国が言論の自由を守れるかどうかの問題ではないでしょうか。



« 「住んでいない?」 大阪維新の会の東大阪市議の居住実態を巡って、市民から異議申し立て | トップページ | くりはら貴子&柳本あきら 演説動画 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

橋下問題行動」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2063857/62154486

この記事へのトラックバック一覧です: 法をも無視する維新の言論弾圧:

« 「住んでいない?」 大阪維新の会の東大阪市議の居住実態を巡って、市民から異議申し立て | トップページ | くりはら貴子&柳本あきら 演説動画 »