pop

  • pop
無料ブログはココログ

« 2017年3月 | トップページ

2017年4月

2017年4月 1日 (土)

地道な投資が都市の魅力を高める



京都大学藤井教授が、京都でLRTの整備について講演をされたとのことです。LRTと言えば路面電車のことですが、これは都市の魅力を高める重要な提案であると思います。

日本人はインフラ整備をなめていて「日本にもう道路はいらない」などとあまりにも勘違いをした意見を平然と言う人がいます。しかし、現実には日本の道路の延長は自動車1万台あたりで比較するとあまりにも貧弱な水準でしかありません。和歌山や宮崎など、高速道路の整備ができていない地域がありそうしたところでの経済の疲弊はあまりにも悲惨なものがあります。

都市部ではもう道路整備やインフラは十分であると感じている人は多いかもしれませんが、日本の都市部のインフラの充実度は、実はまだ十分ではないのです。都市の魅力を高めるための投資が十分にされているとは言えないのです。

ヨーロッパの都市と日本の都市では、街づくりにおいて大きく異なっている点があります。

それは、ヨーロッパの都市では、都心への車の流入を徹底的に減らし、日本ではほぼ無制限に車を流入させていたという点です。

車を街から締め出したヨーロッパの都市では、道路は車のためのものではありません。道路は歩行者が歩くスペースが広くとられ、オープンテラスなども充実し路面電車で人々はどこへでもすぐに移動ができます。快適で過ごしやすい空間が充実しているのです。

対して日本の都市では地下鉄などもありますが、都心には車が流入し続けあちこちで渋滞が起こり、人々は狭い歩道を歩く羽目になっているのです。

車の流入を制限するかどうかで都市の魅力に大きな差が生まれています。車が流入し続けると、車道のみならず駐車場なども都心に整備していかなければならないのがネックになるのです。

しかし、車の流入を制限するということは、街に人が来ないということではないかと思われた人がいるかもしれませんが、そうではありません。

ヨーロッパでは、都市の周辺に環状道路を整備してきました。こうした環状道路があれば、ただ単にその街を通り過ぎていくだけの車を減らすことができます。大阪や東京でも、街を走っている車の1割から2割はその街に来る目的があって走っている車ではなく、目的地への移動のためにただそこを通り過ぎている「通過交通」というものだそうです。環状道路の整備によってこれが減らせます。

そうして、ヨーロッパではこうした環状道路とセットで「フリンジパーキング」という大規模駐車場を作りました。こうすることで郊外からやってきた車をここで受け止め、あとはフリンジパーキングから鉄道やLRT,地下鉄などが街の中心部に延びていくようにしたのです。

こうしてヨーロッパの街では中心部には無駄な車が走らず、無機質なアスファルトで舗装された道路ばかりでなく石畳の道路などもあり、人々が過ごしやすい空間へと、何年もの投資によって変わっていきました。

車が我が物顔で走りまわっている日本の大都市とは快適さに大きな差があります。ロンドンなどイギリスの主要な都市でも「脱クルマ」」を掲げて公共交通の充実と車社会からの転換を図っているそうです。車に依存すると都市の魅力が損なわれることは明白です。

日本でも北陸の新幹線整備などとも関連して富山でもLRTが進められてきました。他の都市でも都市交通を見直す余地は十分にあると思います。

日本が地道なインフラ整備を怠ってきたツケがこのようなところにもあらわれていると思います。まだまだインフラ整備が不十分であることを認識して、前向きな都市計画を進めていくことが重要です。

« 2017年3月 | トップページ