2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

pop

  • pop

« 甲状腺がん検査における倫理的問題について | トップページ | ファクトチェック福島に対するファクトチェックに対するファクトチェック »

2018年4月22日 (日)

土木バッシングについて

土木チャンネルの中野剛士氏が登場された会の動画です。
4年前の動画ですが、改めて考えてみる必要のある話です。

東日本大震災を経験したわが国でも、土木バッシングはいまだに続いていると思います。

そういう連中を中野氏は「単に不真面目な連中である」と喝破します。

土木バッシングについて土木関係者はまじめに仕事をしていればみんなわかってくれていると考えていたふしがあるとのことですが、土木をたたいている連中は現実はどうでもよく叩いていたので、いくら土木をまじめにやっても、土木バッシングはやむ気配がなかったわけです。

振り返ってみれば郵政民営化のさいに郵便局はめちゃくちゃ叩かれていましたが、果たしてそれも妥当なものだったのか甚だ疑問です。

たしかに土木にはよくない部分もあったのかもしれませんが、土木たたきは異様でした。
おかしい部分があるからと言って全否定するような風潮があります。

土木は国民の安寧のため不可欠なものです。

何が必要かよく考えていく必要があります。



築土構木の思想 土木で日本を建てなおす

価格:1,728円
(2018/6/18 15:06時点)
感想(0件)

« 甲状腺がん検査における倫理的問題について | トップページ | ファクトチェック福島に対するファクトチェックに対するファクトチェック »

インフラ・国土強靭化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土木バッシングについて:

« 甲状腺がん検査における倫理的問題について | トップページ | ファクトチェック福島に対するファクトチェックに対するファクトチェック »