2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

pop

  • pop

« デフレ不況から脱却し、財政を改善するために | トップページ | ストラテラの副作用で睡眠薬を飲んでいたら結婚を断られた話 »

2018年5月18日 (金)

発達障害の治療薬で調子を悪くしたかもしれない話

今回は自分の病気のことについて書きます。
あくまでも私個人が体験した話であり、ここで書いたことが他の人にも当てはまることなのかどうかはわかりませんので念のため。


私は3年ほど前、ADHD(注意欠如多動性障害)の診断を受けました。ADHDは栗原類さんなども自分もそうだと打ち明けたりして、最近は注目が集まりつつあります。

ADHDは生まれつきの障害である発達障害の1つで、以前から存在していましたがあまり注目されていませんでした。ただ、現代社会では社会人になってからいろいろな能力が要求されるようになり問題が顕在化することが多くなっています。それで子供のうちから発達障害であると診断されるケースは増えているようですね。

ADHDの具体的な症状としては
・集中できない
・先延ばしにしてしまう
・記憶できない
・しゃべり過ぎてしまう
・モジモジする
・じっとしていられない
などがあります。
この症状にしても全てを持っているわけではなく一部が表れている人もいるのでやっかいなんですよね。

私は30代まで、物事を集中してやりとげることができず、不器用で物事の手順を考えたりすることができず、ミスも多くて社会生活にかなりの困難を抱えていました。

テレビで発達障害の事例を見て自分もそうなのではと思い精神科を受診したところ、すぐに生活歴の聞き取りと発達検査をしてもらい、すぐに診断がおりました。

そうして私が今まで感じていた生活上の困難はADHDが原因であるとわかって安堵するとともに、治療薬であるストラテラを処方されることになったのです。


1526574765616.jpg




これがADHDの症状に対処するために使われる薬の1つであるストラテラです。

ADHDの人の脳内では前頭葉の血流が悪く、ドーパミンという神経伝達物質の働きが悪いのではないかと言われています。

ADHD治療薬は主にコンサータ、ストラテラの二種類が使われています。

コンサータは脳内でのドーパミンの取り込みを防ぎ、ドーパミン濃度を高めます。ただ、この薬は体内でゆっくり吸収されるように作られているために少ないとはされていますが興奮作用や依存性もあるとされ、認定を受けた医師による処方しか認められていません。

対して私が飲んでいるストラテラはノルアドレナリンという脳内物質の取り込みを抑制する作用があります。脳内でノルアドレナリンのみでなくドーパミンの取り込みも抑制してくれるので、やはりドーパミンの量を増やしADHDの症状を緩和することができるのです。

かくしてストラテラを処方されることになった私は、徐々にこの薬の効果を実感することができ、これまで生じていたミスが多いなどの諸問題を解決して日常生活を問題なく行えるようになっていきました。

しかし、何事もないかのように思えたこの治療で、私は思わぬ問題に直面することになりました。
今年の初めに胃がもたれると感じて消化器内科を受診したところ、重度の逆流性食道炎と診断されました。薬を出されましたが一向に良くならず、私は苛立ちを感じました。

なかなか逆流性食道炎が改善しない生活を送っていたところ、私はあることに気づきます。

それは、3年前からストラテラを服用し始めたあたりから、睡眠時間が顕著に短くなっていたことです。ストラテラを飲むようになってから眠りが浅くなり、先生に相談すると「頭をしゃっきりさせる薬やからね~」と説明されていたのでした。ボーッとした頭を改善する薬なので、眠りが浅くなるのはいわば当然かもしれません。私はストラテラと一緒にデパスやマイスリーなどの睡眠薬を常用するようになってもなお、以前より少ない睡眠時間で毎日を過ごしていたのです。

気分的には今まで寝ても寝足りないような感じもストラテラによってとれていたので、都合がいいと思っていたのですが、ひょっとしてこの習慣が逆流性食道炎に繋がっているのでは?と思うに至り、最近はストラテラの量を減らしています。

徐々に眠りが深くなり、それに伴って消化器系の症状も解決しているように感じます薬はやはりバランスが大事なんだなと思います。

しかし、これはあくまで自分がそうかなと思っているだけの話であって、本当にそうなのかは現時点ではわからないことです。
またストラテラが社会生活の改善に大きく役立ってくれていたのは事実であり、量の調整をすることはあってもストラテラの服用を止めての生活は私は考えていません。

何をするにもメリットとデメリットを比較して用いるのは当然のことだと思います。

今後もより体調の観察をして、有意義な生活が送れるよう頑張っていきたいと思います。

ちなみに精神科医療についてまったく無知であるにも関わらず、精神科による治療を受けようとする人もいますがとんでもない話です。彼らはまったく有害です。そのような輩は障害の悩みを抱える人の役にたたないので、さっさと消えてほしいですね。



« デフレ不況から脱却し、財政を改善するために | トップページ | ストラテラの副作用で睡眠薬を飲んでいたら結婚を断られた話 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2063857/73506619

この記事へのトラックバック一覧です: 発達障害の治療薬で調子を悪くしたかもしれない話:

« デフレ不況から脱却し、財政を改善するために | トップページ | ストラテラの副作用で睡眠薬を飲んでいたら結婚を断られた話 »