2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

pop

  • pop

« 自称精神科医の発達障害本が酷すぎた件 | トップページ | 香山リカは人を病気だと決めつけるな! »

2018年6月30日 (土)

自称精神科医の支離滅裂

前回記事 自称精神科医の発達障害本が酷すぎた件
http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/2056707/2063857/121472687

の続きなのですが、この本はやっぱり酷いです。
間違った知識や偏見もありおかしいのですが、何が酷いかというと構成が酷い。

文章が支離滅裂なのです。

知能が幼稚というのか、精神状態がおかしいというのか、とにかくまともな人が書いたとは思えない本です。

例えば
第5章には製薬会社が発達障害治療薬の市場を狙っているという節が入ります。
自閉症スペクトラムについては有効な薬はないが、ADHDには神経伝達物質の不足を補える薬があります、的なことを書いています。

そこからおとなのADHDに有効な薬を求めて診察室を訪れる人がいる、と続きます。

そこからメディアのプロモーションによって自分が発達障害であるかもと疑いを持ち薬を処方される人もいるはずだ、と主張する。

そして、それは一見いいことのように思えるが実はカナダ予防学会では子供に対して発達障害のスクリーニング検査をすることは推奨されていないのだ、と主張が続いていきます。


???

え?となりませんか?

私は本を読んでいて意味がわかりませんでした。

製薬会社が発達障害治療薬のシェア獲得を狙っている話から、大人で発達障害治療薬の処方を受けたい人がいると続きます。ここまではまあわかります。

それがなぜそこから子供に対する発達障害スクリーニング検査の是非になるのでしょうか?

まったく意味不明です。そこから大人の発達障害が疑われる人に薬を処方することの是非の話に流れていく意味がわかりません。

私の要約が下手だからわからないわけではないと思います。文章をそのまま引用しても自分で書いていた嫌になるのでしたくないのです。

178ページでこういう意味のわからない文章を書き散らかしながらも、ADHDには有効な治療薬があるとは一応書いています。
しかし、185ページ「発達障害には有効な薬物療法などがあるわけではないので」(本文から引用)ADHDの診断をする意味があまりないなどと書いています。

ちょっと前に自分が書いていたことも記憶から消えたのでしょうか???

しかも、脳の発達に厳密な検査をする装置などがないので発達障害かどうかが正確にわからないなどとこの本では繰り返しているのですが、
発達障害の検査を受けた時の話
http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/2056707/2063857/120633460
で書いたのですが、知能検査でもすれば顕著に発達障害の兆候が見られる人はいます。まあ微妙な人もいるにはいるのでしょうが、発達障害を検査で見極めることはある程度可能なのです。

私はかろうじて一般就労が可能なレベルの発達障害ですが、検査では顕著に発達障害の兆候が見られたので、先生は迷いなかったかと思います。

全体を通して、香山リカとか言う人は

発達障害の診断、治療にまったく無知無理解なまま本を書いているのではないか?

と思わざるを得ないような内容でした。

ほぼ無価値です。こんな人の本を読んでもまったく発達障害について理解はできないかと思われます。





発達障害の僕が「食える人」に変わった すごい仕事術 [ 借金玉 ]

価格:1,512円
(2018/6/30 22:41時点)
感想(1件)


« 自称精神科医の発達障害本が酷すぎた件 | トップページ | 香山リカは人を病気だと決めつけるな! »

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

発達障害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2063857/73776950

この記事へのトラックバック一覧です: 自称精神科医の支離滅裂:

« 自称精神科医の発達障害本が酷すぎた件 | トップページ | 香山リカは人を病気だと決めつけるな! »