2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

pop

  • pop

« 貧しければ豊かになれない | トップページ | 避難の時はお薬手帳を »

2018年6月18日 (月)

公共事業に対する異常な憎悪

本日、大阪府北部で巨大な地震が発生し、3人の方が亡くなられたとのこと。
犠牲になられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

本日は私も通勤する予定で電車に乗ろうとした時の出来事でした。
不意に揺れを感じ気付いたら電線がかなり揺れていました。

そのまま電車は不通となり、午後3時になってようやく京阪電車や南海も運転を再開しましたがほとんどの交通機関が麻痺していました。

そんななか、大阪府の女子児童がブロックの下敷きになって死亡したとのニュースがあり、哀しい出来事だと思いました。

ブロック塀の高さは最大でも地面から2.2m以下とするとの決まりがあるそうなのですが、守られていたのかどうかが気になります。

しかし、改めて日本における災害の脅威が浮き彫りになったときに信じがたい発言をしている輩がおりました。

なぜわざわざ「不必要な防波堤」の話を出してくるのかわかりません。

東日本大震災時、津波が防波堤を乗り越えてしまったことがあったのですが、それでも防波堤や防潮堤の果たした役割が極めて大きく、危険なブロック塀撤去と防波堤の整備はどちらもやるべきことであるとしか言いようがありません。

これらはかつて伊勢谷友介とかいう俳優が防潮堤を馬鹿にしたときに反論として寄せられたコメントですが、これでもまだ防潮堤は無駄だと言えるのでしょうか?

またブロック塀撤去と防波堤建設とどちらもやるべきであるというのが本筋です。

そして、本来なら災害が起こった時には公共事業の必要性が認識されないとおかしいのではないでしょうか。

海外の国が毎年公共事業を増やしていたのに、日本ではどんどん公共事業を削っていた。そして、建設業者の数も減り災害に対して脆弱になったときに起きたのが東日本大震災です。

公共事業の削減を続けていた我が国では災害からの立ち直りはなかなか進みませんでした。

ある程度以上の建設業の供給力を常に維持していないと、有事に対応できないのです。

そのような状況であったにもかかわらず、我が国では東日本大震災後に「公共事業のやりすぎにならないか」などという輩がいたのです。
土木業の方に聞くとこのような意見では他国ではありえないそうです。公共事業が必要とされる時に公共事業を叩く、これはもう日本を潰したいと思っているのではないかと邪推してしまうような態度です。

また、いつも思いますが国の借金などといつも騒いでいる人がいますが、政府が発行している国債は日銀が買っています。普通は政府の借金などゼロになるまで返済したりはしません。
建設国債による公共事業は、政府の国債残高と建設されたインフラという資産が残ります。

国債だけを見て借金だと言うのは的外れもいいところではないでしょうか?
ましてや、今の世代でインフラ整備をろくにしないで次世代に荒廃した脆弱な国土を将来に残すことこそ将来世代へのツケ回しであってそのようなことをしてはいけません。

国債の残高がいくら少なくても巨大地震が来たら一発で滅んでしまうような国土が残されたら困るでしょう。

巨大地震への対策もきちんとしておけば減らすことはできます。
地震の被害が100兆円になりそうなところを10兆円の投資で50兆円に減らせたらそのほうがいいに決まっています。この国は今、10兆円の投資を惜しんで50兆円の被害を出すみたいなばかな話をやっています。

災害大国の我が国で、巨大地震が発生するとアジアでの最貧国に転落してしまうだろうという研究結果が発表されたばかりです。

この国の将来をきちんと考えていかないと大変なことになります。


築土構木の思想 土木で日本を建てなおす

価格:1,728円
(2018/6/18 15:06時点)
感想(0件)


« 貧しければ豊かになれない | トップページ | 避難の時はお薬手帳を »

インフラ・国土強靭化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2063857/73706189

この記事へのトラックバック一覧です: 公共事業に対する異常な憎悪:

« 貧しければ豊かになれない | トップページ | 避難の時はお薬手帳を »