2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

pop

  • pop

« 避難の時はお薬手帳を | トップページ | 自称精神科医の発達障害本が酷すぎた件 »

2018年6月26日 (火)

効率のみを追及したものは脆弱である

大阪で約1週間前に発生した大阪北部地震は余震も落ち着き、街は平穏を取り戻しつつあるようです。

被災の被害の多かった地域の避難所には要介護認定を受けている人がいたとのことでケアマネ協会からも避難所に行って話を聞いた人がいるそうです。

日本という国は特に地震の起きやすい構造になっているので、今後も災害への備えは欠かせません。

土木学会から南海トラフ地震を何の対策もなしに受けてしまうと日本はアジア最貧国に転落しかねないと危惧する声が上がっていることを重く受け止めるべきだと思います。

脆弱性への対策を事前にしっかり行っておくと被害を大幅に減らすことができるとのことでもはや一刻の猶予もないかと思われます。

しかし、ここまで地震の脅威が迫っていてもまだ「無駄ではないのか」などと言う声が上がってくるのがこの国です。

この無駄という言葉こそが厄介で、無駄の削減の名のもとに日本では長くあらゆる分野でも支出が削減されてきました。

私はこの無駄の削減こそが日本の低迷の主因だと考えています。

例えば道路を作ったとして、そこが緩やかに道路が流れていたとしたら無駄だと言う。
しかし、道路がパンパンになっていればいいのでしょうか?余裕がなければ何かあったときに大渋滞してしまいます。

例え普段使うことがなかったとしても、何かあった時に使うかもしれないという判断があってしかるべきではないでしょうか?

今回の地震では余震への警戒から非常食を買いに出た人が多かったですが、お店からあらゆるものが消えてしまうような事態にはなりませんでした。ある程度の在庫を店舗が放出したためですが、こういう時に役立つストックまで「無駄」と言ってしまっては災害や非常時に脆弱になるだけだと思います。

まあもっとも 、第2名神高速道路や外環道のような明らかに平時から役立つものを「無駄」とか言ってしまうどうしようもない連中もいるので話になりませんが。

平時の効率性ばかりでなく、日頃からある程度の余裕を持たせておくことは有事に際して極めて重要だと思います。



« 避難の時はお薬手帳を | トップページ | 自称精神科医の発達障害本が酷すぎた件 »

インフラ・国土強靭化」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

復興」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2063857/73754695

この記事へのトラックバック一覧です: 効率のみを追及したものは脆弱である:

« 避難の時はお薬手帳を | トップページ | 自称精神科医の発達障害本が酷すぎた件 »