2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

pop

  • pop

« 公共事業に対する異常な憎悪 | トップページ | 効率のみを追及したものは脆弱である »

2018年6月19日 (火)

避難の時はお薬手帳を

昨日の地震はやはり余震が続いています。

まあ余震だけだったらいいのですが、昨日の震度6弱が「前震」でこの後「本震」が来たらと思うと怖いですね。
大阪は水道管の劣化が進んでおり、火災があちこちで起こっている時に水の供給が途絶えていると火が消せません。

水道管の更新は災害に対する強靭化のためになんともしてでも進めておく必要があります。

日頃からハード面での防災を主張している私ですが、重要なのはハード面だけではありません。

ハード面での防波堤の整備さえ無駄だと言う輩は論外ですが、防災はハードとソフトの両面を考えておく必要があります。

例えば、個人で災害用持ち出し鞄を準備されてる方もいると思いますが、これも重要な役割を持ちます。何かあったとき食料等を供給するのは自治体や行政の役割ですが、個人個人で非常用食料等を準備している人が多いと、それだけ行政は別のことにもリソースを割けるようになります。自分が困らないようにするだけではなく、他の人を助けるためにも最低限の備えは重要だということです。

東日本大震災の際にはいろんな方が災害救助、ライフラインの維持提供に動かれた訳ですが、今回はそこで重要だった1つの要素を紹介します。

それはお薬手帳の役割です。

薬局や病院で薬を処方してもらう際はなるべくお薬手帳を持つように奨励されていますよね。

あれは災害時にも重要な役割を果たします。

東日本大震災時の被災地の状況は、津波により医療機関・薬局そのものやカルテなども失われる事態があちこちで起こっていました。

医療スタッフも頻繁に交代します。

薬の量や種類は限られていて、頻繁に変わります。避難場所も移動が頻繁です。

こういった厳しい状況の中でお薬手帳を持つこともできず、命からがら避難された方が多かったのですが、幸いにしてお薬手帳を持って逃げれた方はなかった手帳の記載情報によって処方や医薬品の選択、代替薬の提案に非常に役立ちました。

震災直後の3月末に気仙沼に派遣された薬剤師はこう言います。
「医師は他院の患者を診察するのにカルテ・薬歴がない中、お薬手帳だけが情報源となっていました。他院の患者が来院すると、診療科に行く前に薬局で薬剤師が使用薬に関する聞き取りを行い、調剤可能な市立病院の採用薬に変換してその情報を患者に持たせて診療科に行ってもらっていたので、正確な情報を医師に伝えることができ、通常の10倍の患者が集中する中スムーズに診療が進みました。」
とのこと。

災害が大規模化すると避難も長期化しますが、このような状況下でお薬手帳は大活躍するのです。

避難した方で慢性疾患、例えば糖尿病や高血圧などの方はすぐに診療が必要になりますが、お薬手帳を持ってない方には処方のたびに投薬内容が変わるなどがあったそうです。

災害対応の中長期では、認知症の方が本人希望でお薬管理をしていて、血圧がなかなか下がらないという状態で避難生活をされていましたが、お薬手帳は持っていてくださったので処方履歴から服薬状況を分析し、改善につながった例等があります。

別の認知症の方では様々な医療チームから二重三重の投薬を受け手いたところ介護士が気付き、薬剤師に相談を持ちかけてお薬手帳を作成し問題を解決したという事例もあります。

さらに避難が長期化するフェイズになると二次避難や転居等が増えますが、医療機関の引き継ぎにお薬手帳は欠かせません。

手帳というアナログな媒体であるが故に誰でも参照しやすく多くの職種で共有できたこと、患者が長期避難で精神的に不安定なところを、お薬手帳でこれまでの服薬を伝えるツールに使えて安心できた等のメリットが確認されました。

今後は部分的にITを活用していく等の運用も考えられています。
まず大きな災害がなければいちばんいいのですが、災害は忘れた頃にやってくるもの。
余震に警戒が必要な地域の方もそうでない方も、お薬手帳の存在は気に留めておいてくださいね。



« 公共事業に対する異常な憎悪 | トップページ | 効率のみを追及したものは脆弱である »

大阪」カテゴリの記事

復興」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2063857/73714048

この記事へのトラックバック一覧です: 避難の時はお薬手帳を:

« 公共事業に対する異常な憎悪 | トップページ | 効率のみを追及したものは脆弱である »