2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

pop

  • pop

« 言語が失われゆく世界 | トップページ | デマ屋のデマは止まらない »

2018年6月 9日 (土)

発達障害者の時間差気付き

Twitterで発達障害の特性についてツイートがバズっていました。

けっこう同じ経験したという人の声が多く寄せられたので、本当に発達障害の人はこういう経験をよくしてるのかもしれませんね。

元ネタはこの本です。

これからの発達障害者「雇用」 専門キャリアカウンセラーが教える [ 木津谷 岳 ]

価格:1,620円
(2018/6/9 12:00時点)
感想(0件)

中から引用すると
「発達障害者は、記憶や知識の検証・整理・、感情の解消などに時間がかかって、処理が遅くなってしまい、さらに、現実社会では複数の事柄が次々に発生するので、追っかけ追っかけやっても追いつかない事態になってしまいます。

しかし、理解できていないわけではないので、仕事中に応えられなかったことを後になって時間差で気づきます。後から出てくるので「あぶり出し型脳」と自虐的に語る当事者もいますが、研究者の間では、「情報のまとめ上げ困難」といわれ、最近定説になりつつあるようです」

とのこと。他にもそうだったのかと腑に落ちる話が多かったのでこの本はおすすめです。



こういう体験を私は日常的によくしているような気がします。
特に仕事中はいろいろなことが起こって何かあったときは緊張が高まってます。

いろいろなことを周りから言われて、その言われた時は頭の中で考えがぐるぐる回って整理できてません。

それで後になってから「あ、そういうことをあの時あの人は言いたかったのか」とふと気づく時があります。
そのときは30分から1時間くらい遅れてやってくるので、まあだいたい手遅れだったりするんですけどね。

私の場合はだいたいそういう風に気付いたときは次に生かそうと思って終わりにしています。

本当に定型発達の人はこういう経験がすくないのか詳しいデータまでは本にありませんでしたが、研究者の間でそういわれているということはそうなのでしょう。また詳細に分析したデータが出てくるのを待ちたいですね。

私は普段からいろいろな考えが浮かびすぎて頭の中が混沌としているので、素早い判断や情報を瞬時に統合するという作業は本当に苦手です。

仕事の内容によっては発達障害の人はこの情報のまとめ上げ困難の部分がネックになって仕事についていけないことがあると思うのでこれから就職活動をする人は自分にどういう傾向があるのかをよく理解したうえで活動したほうがよさそうですね。

本によると大学生とかでも支援に力をいれている大学なら就労支援サポートの事業所と提携してソーシャルスキルトレーニングや職業訓練など様々な支援を受けれることもあるみたいなのでそういうサポートは今後充実していってほしいと思います。

子供の虐待のニュースが大きな話題になりましたよね。
子供と違って職場で適合できない発達障害や精神障害の人はなかなか冷たい目で見られてしまうということもありますし、いじめやパワハラで引きこもってしまう人もいるわけですが・・
そこまで障害者のことを理解して受け止める余地は今の社会では少ないのでしょう。
それでも受けれるサービスなどはありますのでサービスにアクセスしやすくなればいいですね。

« 言語が失われゆく世界 | トップページ | デマ屋のデマは止まらない »

心と体」カテゴリの記事

発達障害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2063857/73650715

この記事へのトラックバック一覧です: 発達障害者の時間差気付き:

« 言語が失われゆく世界 | トップページ | デマ屋のデマは止まらない »