2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

pop

  • pop

« 世に訴えかけたワクチン活動家 | トップページ | 決してクリエイティブではございませんが »

2018年6月11日 (月)

発達障害は個性ではなく障害です

「私は発達障害は個性だよ」と笑顔で言ってくる人を相手にしません。

なぜならその人が発達障害当事者の抱える困難にあまりにも無頓着だからです。

発達障害者が生きやすくなるためには発達障害の特性を社会に知ってもらう必要があります。
発達障害の特性を理解できる人が増えればADHDの遅刻癖を怒ってなんとかしようなどという人も減るでしょう。
しかし、ADHDに限って言っても締め切りを守るのが難しいとか物事を順序だてて考えるのが苦手とか落ち着いて座っていることが難しいなどの日常生活上の困難があります。二次障害で苦しんでいる人もいます。

現状はそうした問題を解決するためにまずは通院して診断してもらい治療や訓練、福祉サービスを受けるしかないのです。

発達障害のライフハックを紹介して話題の借金玉さんも本の中でもコンサータを服用していると書いておられます。

発達障害の僕が「食える人」に変わった すごい仕事術 [ 借金玉 ]

価格:1,512円
(2018/6/9 13:37時点)
感想(1件)

この本で紹介されているテクニックは発達障害でない人でも使いまわしがきくとても有益なものですが、それでも服薬などの治療的なアプローチも受けておられますよね。

「発達障害は障害ではなくて個性なんだよ」と言われても、現実に困ってるんだよとしか思えません。二次障害でうつ病やパニック障害になってしまうような障害を個性と呼べますか?
そんなことを言う人は発達障害者が困難を抱えていることも正しく世の中に伝えてもくれません。

発達障害者は障害を抱えているがゆえに困っている、ということが世の中に伝わらないとだめなのです。

また、発達障害者が医療を受けていることに対しても「そんなの必要ないのではないか」という意見につながりやすいですよね。困りごとを訴えても甘えだととられかねないですよね。

そういうのが困った現状を固定化しかねないと思います。
私たちは実際にこんなことを言われています。



発達障害のことを何も理解できないという人もいてそういうのにも困ってしまうのですが、個性というカテゴリに入れたがろうとする人も私は迷惑に思っています。

そういう甘いものではない。

« 世に訴えかけたワクチン活動家 | トップページ | 決してクリエイティブではございませんが »

参考になるツイート」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

発達障害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2063857/73651095

この記事へのトラックバック一覧です: 発達障害は個性ではなく障害です:

« 世に訴えかけたワクチン活動家 | トップページ | 決してクリエイティブではございませんが »