2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

pop

  • pop

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月31日 (火)

個の確立と共同体

群れずにいられない人

やぶなーすさんという人の作成したモーメントを読んで、いろいろ考えたことや思ったことを書きます。

やぶなーすさんの言及していることは、個が確立していない人は群れを作らなければ安心できない、また他者に憑依してトラブルを起こすということです。

まあそれについて掘り下げて考えることは今回しません。

私が言及したいのは、以前に『脳・戦争・ナショナリズム』という本に書いてあったことで、多くの人が誤解している認識について触れていたことです。

個が確立するとはどういうことなのか。

『脳・戦争・ナショナリズム』は中野信子、中野剛志、適菜収氏らの対談をまとめたものです。なかなか面白いのでオススメです。

脳・戦争・ナショナリズム 近代的人間観の超克 (文春新書) [ 中野剛志 ]


この本ではアメリカの社会学者、ディビッド・リースマンの見解を中野剛志さんが紹介します。

ざっくり言うと

日本人が集団に固まりやすいのは日本人特有の欠点だと言う話がよく言われます。しかしリースマンのアメリカに対する分析ではちょっと違った視点が見えてくる。リースマンは人を内部指向型、他人指向型などに分類します。

そこで内部指向型の人間とは個人的な人間のように思われてしまうかもしれませんが実は違います。内部指向型人間とは、所属する共同体の価値観を自分の中にしっかりと持っていて、それに従ってぶれずに動けるのだと。

そして他人指向型人間とは、共同体から切り離された個人だそうです。自分の中に確たる価値観を持っていないので、他人の振りを見て動くしかない。

そして、アメリカ社会はリースマンによるともはや共同体から切り離された個人が増えすぎて他人指向型で順応しやすい、流されやすい人が増えているということでした。

これって日本でよく言われていることって全然違いますよね。

なんだか共同体にとらわれないで自由になると個人が確立するかのようにともすれば誤解されがちですが、実は逆なんです。

家族、町内会、職場そして国家。

共同体のレベルはいろいろありますが、個人がしっかり確立して流されない人間になるためには伝統とか文化とかをしっかりと受け継がないといけないということです。

もし日本人が他人に流されやすい人が多いというなら、それは日本の家族とか地域共同体とか国家とかの枠組みが壊れたからですよ。

左翼とかがよく勘違いしてますが、日本とか日本人とかの枠組みにとらわれないようにすればもっと個人が確立するわけではありません。日本や日本人という枠組みを意識しないと流されやすい人間が出来上がるだけ。もっと集団主義になるんです。

多様な価値観を実現するためにも、日本という枠組みを大事にしないといけないわけです。

だいぶ変質しましたが、日本には国土があって日本人ながらの家族観があって、日本語を使い、日本語文化があり、元号を使い、日本型雇用や商習慣があるわけですから、大事にしないといけないわけです。

日本人には日本人として生まれただけで与えられた価値があるのです。




2018年7月29日 (日)

無駄を否定すると経済は回らない

https://twitter.com/kanenooto7248/status/1023551467347574785

「「無駄」と思えるものが経済を回してるっていうのは、オタク産業を見れば一目瞭然なんだけど、「こんなものはいらない」と切り捨て続けることが経済成長と改革なんだと誤解し続けた結果、ガリガリになってしまったんだよね。」

鐘の音さんのツイートで凄く同感だったので引用しましたが、まさにその通りですね。

日本人に限らないことですがあれは無駄、これも無駄と言ってなんでも切り捨ててきた結果が今の日本の惨状です。

だいたい、誰から見てもどう見ても無駄ではないものなんて世の中には本当に一握りしかないのですから、無駄に見えそうなものを目の敵にして切っていったら自分に返ってきますよ。

事業仕分けのようなくだらないパフォーマンスが喝采を浴びたのは悪夢のような光景でした。

日々の生活で私もマンガを読んだりバーに行ったりでお金を使っていますが、そういう娯楽にお金を払う人がいれば受け取って生活している人もいるのです。

フィギュアやDVDボックスでもそれに対する需要があって制作サイドや販売サイドもあの手この手で創意工夫をしているのだから結構なことじゃないですか。

先日、我が国の社会資本の老朽化や不足を憂いて公共事業の必要性を人に説明していたら「そんなのよりもITにお金を回したらいいのでは」と言われました。

おそらく橋や道路や水道の重要性を理解できていないのだと思います。ITだったら便利で人の役にたつという勘違いもあります。

もはや通信もインフラなので、みんながアクセスできる通信環境と言う意味ではITにお金を投じる意味もあるとは思いますが、まあその人が言ってるのはアプリケーションやハードの開発などそういうことでしょう。

しかし大事なことはそうしたことは国中にしっかりお金を回してやれば必然的にIT関係者が発達させるものなのです。

公共事業で何かを建設するのだって労働管理や構造設計、資材の取引にITのシステムはちゃんと使われています。

目先の便利そう、カッコいいとかの印象だけで無駄かどうかを判断するのは愚か者のやることです。

特に今はあれが無駄ではないか、役に立たないのではないかと推敲する前に、しっかりお金を使っていくことが大事なんです。



善意が招く惨事

前回の豪雨災害の被害から間もないうちに大型台風が接近しています。

そんな立て続けに災害に襲われている時に気になったツイートがありました。

https://twitter.com/akisumitomo/status/1022129418695630848?s=19

「デマとは、わざと嘘をついて誰かを貶めようとする行為なので、そういう悪意があると断定するのは難しいと思います。そういう悪意がなかった証拠が、エアコンの到着時間にズレがあったということでした。それを早とちりして紫野さんの友人が自分の感想を混ぜてツイートしたと解釈しました。 」

被災者支援のエアコン設置デマに関するツイートですね。

行政がパフォーマンスでエアコン設置したというのはどうしようもないデマなのですが、悪意がなかったからデマではないとか寝言を吐いている人がいます。

エアコン設置デマについては、私はいい加減な事を吹聴することを許せないと思います。

パフォーマンスでエアコンが設置されたというのは、被災者支援に必死で働いている行政の職員に対する酷い侮辱だと思いますよ。人間性を疑います。

元のツイートに関しても「悪意がないならデマではない」という甘えた態度が問題だと思います。

たとえ良かれと思っての発言であったとしても、それが正しい情報の伝達を妨げ人心を惑わす悪影響は果てしなく大きい。

原発事故に関しても「健康被害が起きる」などとデマが行き交いましたが、デマ拡散に加担してしまった人の多くは決して悪意を持っていたわけではないです。

しかし結果として風評被害を発生させ無駄な避難をさせてしまって生活基盤を失う人がいたり、あちこちで取り返しのつかない事態を発生させています。

【参考】
放射能パニックからの生還=ある主婦の体験から — 自らの差別意識に気づいたことが覚醒の契機に

http://www.gepr.org/ja/contents/20120507-03/

「福島原発事故は、現場から遠く離れた場所においても、人々の心を傷つけ、社会に混乱を広げてきた。放射能について現在の日本で健康被害の可能性は極小であるにもかかわらず、不安からパニックに陥った人がいる。こうした人々は自らと家族や子供を不幸にする被害者であるが、同時に被災地に対する風評被害や差別を行う加害者になりかねない。

自己責任と突き放すこともできるが、日本という共同体の同じ構成員であり、広がる悪影響を考えれば、何らかの形で助けることが社会全体で必要ではないだろうか。しかし向き合うにはその人々の実情を知ることが必要だ。」

中には悪意を持ってデマを流した人もいるでしょう。

しかしネットの狭い世界の中でデマに踊らされた人同士でおかしな情報が行き交い、エスカレートして善意のデマ拡散者になってしまった人は決して少なくはないです。

誤った情報がどのように生まれ、広まっていったか。
その結果何が起きたのか。

その重大さに気づけば「悪意はなかったのだから」とは軽々しく言えないと思いますが。



2018年7月23日 (月)

重度の熱中症の病態についての解説



2018年7月22日 (日)

エアコン、インフラ、公共事業

今年も熱波の時期になりました。

熱中症による救急搬送の多発化などは例年の恒例になっています。室内でも熱中症にはなるので、高齢者や子供はもちろん普通の大人でもエアコンでの温度管理は必須です。熱中症の多くは室内で起きている事を忘れてはいけません。


この猛暑で小中学校へのエアコン設置が議論になっていました。

その中で、1つ気になったこと。

以前から私は公共事業が今後の日本にとって必要であることをブログでもTwitterでも繰り返しています。理由はいつも添えています。

貧弱な道路網、衰退する地方、頻繁する自然災害、老朽化したインフラ問題…どれもこれも人々の生活と切っても切り離せないものです。
笹古トンネルの事故は記憶に新しいですね。橋やトンネルなどの老朽化対策は急がないと人が死にます。

南海トラフ地震が想定しうる最大規模で発生すると多くの人命が失われるのは当然のこと、日本がアジア最貧国に転落してしまう可能性さえあります。

強靭化の否定こそ次世代へのツケ回し: うずらのブログ /
http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/1421732/1436015/120983550

「土木学会の報告書では、南海トラフ地震の被害総額(20年累計)を経済被害1240兆円+資産被害170兆円=1410兆円・死者32万人、首都直下型地震の被害総額を731兆円+資産被害47兆円=778兆円・死者2.3万人と見積もったうえで、今後15年以内に南海トラフで38兆円以上、首都直下型で10兆円以上の事業費を投じて公共インフラの整備・増強を行えば、南海トラフ509兆円(減災率41%)・死者23万人、首都直下型247兆円(減災率34%)・死者3千人の減災につながると強調している。

政府や行政だけでなく、国民は、こうした貴重な提言を敬虔な態度で受け入れ、真摯な姿勢で実行に移すべきだ。

わずか数十兆円の投資、しかも誰の負債にもならぬ通貨発行で調達できる財源で、何物にも代え難い貴重な人命が救われ、数百兆円もの財産や資産が護られるのなら安いものではないか。
悲惨な災害で人生を狂わされる人を一人でも減らすことができるのなら、十兆円単位のカネなど何も惜しくはない。」

人の命を守るためにこそ公共事業を、とその必要性を理解している人は何度も繰り返しているのですが、長年公共事業が悪者にされ続けてきたせいか、周囲の反応はよくありません。

公共事業が悪いという風潮はすっかり国民に浸透してしまったかのようです。

先日も公共事業の必要性をツイートしていたら、公共事業に否定的な人から

「その分、税金増えまっせwwww」

と、ふざけたリプライを送りつけられました。

公共事業が税金で行われているという認識が厳密に言えば誤解なのですが、前述の南海トラフ地震への対策や老朽化対策で主張した通りこれは命の問題です。

公共事業をやれという主張に対して揶揄する人は、人の命をなんだと思っているのでしょうか?

人の命はどうでもいいのでしょうか?

笹古トンネル事故のことはもう忘れたのでしょうか?

…どうやら公共事業に対する認識が相当歪んでいるみたいです。

同じ人が先日は「学校にはちゃんとエアコンつけろ!これは命の問題だ!」と言っていました。

確かにその通りですね。

お金がかかってもエアコンは設置するべきです。エアコンがないと人が死ぬかもしれないのですから。エアコンを設置しろというのは私も賛成です。

ただ、どうして同じ事を公共事業に対して言えないのか?私には理解しがたい感覚でした。

エアコンは設置しろと言えるのに、公共事業はやれと言えない。これこそが偏見だと思います。

何も人の命を守るのはエアコンや公共事業だけではありません。災害が起きれば、公務員が自身が被災した身であろうと出動して災害対応にあたります。警察官や消防、救急隊員は平時からいざというときに備えています。

電力会社や鉄道会社は、社会基盤として有事に対応できるよう、平時からライフラインの提供が滞ることのないように務めています。

自衛隊も国を守るために訓練しています。

自分の見えないところであらゆる人達が存在することで、私たちの営みが守られていることを忘れてはいけないと思います。




2018年7月19日 (木)

ダム治水オペレーションについて

2018年7月16日 (月)

これ以上ダムが悪者にされないように

ダムマンガ1巻【電子書籍】[ 井上よしひさ ]

価格:540円
(2018/7/16 19:05時点)

今回の豪雨災害での被害は非常に痛ましいものです。

豪雨は大規模化しており、今後も総雨量でかつてないほどの豪雨が何度もやってくるのではないかと気がかりです。

治水対策、事前の備えが必要なのは言うまでもありません。

各地でボランティアなども頑張っているようですし、復旧や被災地支援も行われています。

私にできることは多くはありませんが、被災地を応援したいと思います。

冒頭の画像はダムマンガの作者さんが作成したものです。

ダムによる災害は基本的にありえないのですが、ミスリードしてダムのせいで洪水が起きたかのように思わせる発言をしている人がいるようです。

悪意を持ってやっているのか、無知なのかわかりませんが、基本的に地形が急峻で川の流れが激しくなりやすい我が国に治水対策は不可欠です。実際に江戸時代からこの国は治水工事を行ってきました。

川の流れを変えたり、川を広くしたりダムも黒部ダムが日本では一番有名かと思いますが、黒部ダムが完成する前からもけっこうダムが作られていたりします。

今回もダムが役に立っているのに、まるでダムが悪いかのように言う人たちには恥をしれと言いたいです。

ともはる @tomoharuhare_m8 18時間前
兄がダム勤務だった3年間。一切酒は飲まなかった。なぜか。わずかの雨でも呼び出しがかかり、下流に影響が出ないように放水量の調節をするからだ。酷い雨になれば放水量を増やさなければならないが、下流の状況によってはできるかぎり放水を減らすこともある。それでも雨が止まなければ放水しなければいけないんだよ。


愚者@C94土東O33a @fool_0 8時間前
野村ダムの放流批判についてはモヤモヤするところがあったのですが、このまとめを見て溜飲が下がりました。結論として「無理なものは無理」というだけの話だったのを外野が無責任に批判していると見做す方がしっくりきます。それでも文句がある奴らはそのまま無理に貯水させてダムから水を溢れさせるか決壊させた方がよかったとでも言うのですかね?



2018年7月 7日 (土)

国土に働きかけてきた先人たち

今回の豪雨災害はようやく落ち着きつつあるようですが、まだ油断はできませんね。

今回の水害に限らず、大水害はもはや毎年恒例のようになってきているので、全国的な治水対策は欠かせないものと思います。

冒頭のツイートにもあるように、先人たちは治水事業に膨大な時間をかけて取り組んできました。

地形が急峻なこの国では、大雨が降ると高低差が大きい地形を一気に水が流れ、いとも簡単に水害を発生させます。

加賀藩が行った治水事業は44年かかりました。しかしそれほどのことをしないと暮らしはなりたたない死活問題なわけで、これに手抜きは許されないのです。

国土学 国民国家の現象学 (叢書新文明学) [ 大石久和 ]

価格:2,376円
(2018/7/7 20:24時点)
感想(0件)

崩壊しつつある英国の治安

イギリスの治安問題が放送されていたようですが、イギリスでは増加する犯罪に対して警察官の数が不足し、ろくに捜査もされない状況とのことです。

治安の良さの指標では日本は9位ですが、上位の国ほとんどは人口1000万人以下の小国だそうです。
8位のカナダも日本に比べたら半分以下の人口で、1億人以上が暮らしていて治安の良さも維持している日本は特異な国と言えるでしょう。

とくにめいろま氏が述べていることですが、イギリスでの女性への暴力の凄惨さには驚かされます。
暴行された後に全身に酸をかけられめった刺しにされる事件など日本ではそうそう聞くことがありません。

何かの指標を持ってきて、日本では女性が不利な条件に置かれていると主張する人がいますが、それはそれである意味ではそうなのかもしれませんが、他国ではこうした女性に対する凄惨な暴力が行われていることも知っておいたほうがいいのではないでしょうか。

また、多様な人が住んでいるから女子割礼なども行われているというのも、日本にはない別な問題です。

日本でも移民や難民を受け入れていくならこうした問題を引き受けることになるのです。

何事でも日本は遅れているから海外を見習え的な言い方をする人がいますが、海外の負の面にもちゃんと目を向けた方がいいと思います。



氾濫を防ぐ日吉ダムの大活躍

今回の豪雨は引き続き警戒が必要なようです。

豪雨に備えるためにはダムや堤防、河川改修など可能な措置をできる限り事前に講じておくべきなのは言うまでもありません。

しかし、公共事業は土木中心だ!とかわけのわからないことを言って国民の生命、安心、財産を蔑ろにする政治家などがいるのがまったく意味不明です。

災害への備えは、土木だけではないのは当然のことですが、土木が大きな役割を果たすのは明らかなのでできる限り土木もやっていくのは当然のことです。

土木をすることがまるで悪いことであるかのような物言いをする人は頭が悪いのか悪意があるのかどちらかなのでしょう。

特に今回も桂川で破滅的な氾濫被害を防ぐために上流の日吉ダムが大活躍しているそうです。

日吉ダムについて解説している人がいたので引用します。

スポンサードリンク


ダムがなければ流れ込む雨水が大量に桂川に流れ込み大氾濫していたことは間違いなかったでしょう。
ダムが放水したので氾濫していると勘違いしている人がいますが完全に誤解です。

ダムの決壊を防ぎつつ、かつ下流も氾濫をしないように絶妙な推移コントロールを行うという形でダムは運用されているのです。

「ダムは無駄」とか根拠もなく言う人がいますが、今回のダムの活躍を見てもまだそんなことが言えるでしょうか?

国土学 国民国家の現象学 (叢書新文明学) [ 大石久和 ]

価格:2,376円
(2018/7/7 13:18時点)
感想(0件)


2018年7月 1日 (日)

香山リカは人を病気だと決めつけるな!

自称精神科医の支離滅裂
自称香山リカの主張があまりにも根拠薄弱なこと、思考の様式が支離滅裂なことを書いてきました。

以前に出版した「うつと言いたがる人達」も酷かったことなのも記事で触れておきました。
http://osaka-mirai.cocolog-nifty.com/blog/2018/06/post-7cd4.html
本についたアマゾンレビューは重要なのでもう一度引用しておきますね。

「同業者として、あえて書かせていただきます。

症状の程度やその質に違いこそあれ、あらゆるうつ状態で苦しむ人々のために。

僕は精神科医として週5日の外来診療をこなしており、おそらく立教大学の勤務とかけもちの香山リカ先生の「豊富な臨床体験」より遥かに多数の患者さんの診療にあたっています。

香山先生のうつ病についての本を読むたびに感じることは、「こんな患者さんは見たことがない」という違和感です。とくにうつ病を理由に好きな職場に移りたいと主張する患者さんがいて、ごね得になっていると指摘し、「モンスターペイシェント」と比較する下りには目を背けたくなりました。

僕はうつ病の患者さんの職場環境の調整にもあたりますが、「人気の職場」をあえて希望し、その願いがかなう、というケースにほとんど出くわしたことがありません。職場の環境調整に当たっては、職場と、職場の産業医、そして本人との十分な話し合いや意見交換を要します。もし復職後に職場が変わるなら、どのようなストレスが予想されるか、ということを入念に検討するのです。

人気の職場」を選ぶことができる心理的な余裕のある「うつ病」のかたは思い出すことができません。たいていは本人にとって心理的負担や責任の少ない職場に移ることになるからです。いったいどういう話し合いをしたら「人気の職場」に移ることになるのでしょうか。

本人が望むから「人気の職場」に移るなどということは、「うつ病」の養生の上からも望ましくありません。香山先生の精神科医としてのご経験はまったくもって不思議なもので、一般的とは到底思えません。「うつ病」の職場復帰にあたり、そのような「人気の職場」にうつるなどということは私の経験上、ほとんどないとはっきりいっておきます。

さらに言わなければならないことは、「うつ病」になりたがる人そのものも僕はほとんどお目にかかったことがありません。職場にそのような診断書を出すということはそれなりの勇気を要するものです。というのは、診断書が出たあと、職場はその人を再び責任のある仕事を与えたり、昇進させることに慎重にならざるを得ないからです。そういう立場に身をおくことを誰が喜ぶのでしょう。

患者さんは苦悩のあまり、それでも診断書を職場に出さざるを得ないのです。この本を読む限り、香山先生はそのような患者さんの葛藤や苦しみに想像力をお持ちとは全く思えません。香山先生は啓蒙活動のおつもりなのでしょうが、このような本を出すことは偽善であり、売名行為だと思います。精神科医のご友人もお持ちのようですが、皆さんだれも彼女に意見してあげないのですね。冷たいご友人のように感じてしまいます。」

同じ精神科医に、ここまでのことを言われるようではこの人はもう医師としての資質を著しく欠いた人間であると判断せざるを得ないのではないでしょうか?

アマゾンのレビューとして寄せられた意見だけでなく、他にも精神医療や学問に携わる方から香山の言動を疑問視する声を聞いています。

今回は香山リカの発達障害本ではなく、これまでの経歴や言動から香山リカがどのような人物なのか考えていきたいと思います。



まず、香山リカの大きな問題点は精神科医として、他社を心の病気扱いすること。



これはかなり以前の発言ですが、精神科医としての職業倫理は彼女にはないのでしょうか。
原発推進をすることは一つの考え方であって病気ではありません。あろうことか精神科医の肩書を持つ人が人を病気だと決めつけるならその時点で医師失格なのです。
本当に心の病気を持っている人にも失礼です。

本当ならとっくにメディアから締め出されていなければおかしいのです。


また、ある精神科医は言います。
「精神科医という職業の印象を著しく毀損した、テレビ御用達文化人です。この年齢で非指定医とか、仕事してない証拠」

とのこと。

精神保健指定医は精神保健福祉法が定めた資格です。医療保護入院や措置入院を行う権限がある重要な資格です。

ただの売名屋程度のものでしかありません。
診察もしていない人を病気だと決めつけるくせに、苦しんで自分は発達障害ではないかと感じて病院に行く人を馬鹿にするような本は出すんですね。

まったく腹立たしいです。



« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »