2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

pop

  • pop

« 崩壊しつつある英国の治安 | トップページ | これ以上ダムが悪者にされないように »

2018年7月 7日 (土)

国土に働きかけてきた先人たち

今回の豪雨災害はようやく落ち着きつつあるようですが、まだ油断はできませんね。

今回の水害に限らず、大水害はもはや毎年恒例のようになってきているので、全国的な治水対策は欠かせないものと思います。

冒頭のツイートにもあるように、先人たちは治水事業に膨大な時間をかけて取り組んできました。

地形が急峻なこの国では、大雨が降ると高低差が大きい地形を一気に水が流れ、いとも簡単に水害を発生させます。

加賀藩が行った治水事業は44年かかりました。しかしそれほどのことをしないと暮らしはなりたたない死活問題なわけで、これに手抜きは許されないのです。

国土学 国民国家の現象学 (叢書新文明学) [ 大石久和 ]

価格:2,376円
(2018/7/7 20:24時点)
感想(0件)

« 崩壊しつつある英国の治安 | トップページ | これ以上ダムが悪者にされないように »

インフラ・国土強靭化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2063857/73818327

この記事へのトラックバック一覧です: 国土に働きかけてきた先人たち:

« 崩壊しつつある英国の治安 | トップページ | これ以上ダムが悪者にされないように »