2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

pop

  • pop

« 善意が招く惨事 | トップページ | 個の確立と共同体 »

2018年7月29日 (日)

無駄を否定すると経済は回らない

https://twitter.com/kanenooto7248/status/1023551467347574785

「「無駄」と思えるものが経済を回してるっていうのは、オタク産業を見れば一目瞭然なんだけど、「こんなものはいらない」と切り捨て続けることが経済成長と改革なんだと誤解し続けた結果、ガリガリになってしまったんだよね。」

鐘の音さんのツイートで凄く同感だったので引用しましたが、まさにその通りですね。

日本人に限らないことですがあれは無駄、これも無駄と言ってなんでも切り捨ててきた結果が今の日本の惨状です。

だいたい、誰から見てもどう見ても無駄ではないものなんて世の中には本当に一握りしかないのですから、無駄に見えそうなものを目の敵にして切っていったら自分に返ってきますよ。

事業仕分けのようなくだらないパフォーマンスが喝采を浴びたのは悪夢のような光景でした。

日々の生活で私もマンガを読んだりバーに行ったりでお金を使っていますが、そういう娯楽にお金を払う人がいれば受け取って生活している人もいるのです。

フィギュアやDVDボックスでもそれに対する需要があって制作サイドや販売サイドもあの手この手で創意工夫をしているのだから結構なことじゃないですか。

先日、我が国の社会資本の老朽化や不足を憂いて公共事業の必要性を人に説明していたら「そんなのよりもITにお金を回したらいいのでは」と言われました。

おそらく橋や道路や水道の重要性を理解できていないのだと思います。ITだったら便利で人の役にたつという勘違いもあります。

もはや通信もインフラなので、みんながアクセスできる通信環境と言う意味ではITにお金を投じる意味もあるとは思いますが、まあその人が言ってるのはアプリケーションやハードの開発などそういうことでしょう。

しかし大事なことはそうしたことは国中にしっかりお金を回してやれば必然的にIT関係者が発達させるものなのです。

公共事業で何かを建設するのだって労働管理や構造設計、資材の取引にITのシステムはちゃんと使われています。

目先の便利そう、カッコいいとかの印象だけで無駄かどうかを判断するのは愚か者のやることです。

特に今はあれが無駄ではないか、役に立たないのではないかと推敲する前に、しっかりお金を使っていくことが大事なんです。



« 善意が招く惨事 | トップページ | 個の確立と共同体 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

[url=https://remontbosch.com]
ремонт бытовой техники в москве [/url]

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2063857/73943467

この記事へのトラックバック一覧です: 無駄を否定すると経済は回らない:

« 善意が招く惨事 | トップページ | 個の確立と共同体 »