2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

pop

  • pop

« ダム治水オペレーションについて | トップページ | 重度の熱中症の病態についての解説 »

2018年7月22日 (日)

エアコン、インフラ、公共事業

今年も熱波の時期になりました。

熱中症による救急搬送の多発化などは例年の恒例になっています。室内でも熱中症にはなるので、高齢者や子供はもちろん普通の大人でもエアコンでの温度管理は必須です。熱中症の多くは室内で起きている事を忘れてはいけません。


この猛暑で小中学校へのエアコン設置が議論になっていました。

その中で、1つ気になったこと。

以前から私は公共事業が今後の日本にとって必要であることをブログでもTwitterでも繰り返しています。理由はいつも添えています。

貧弱な道路網、衰退する地方、頻繁する自然災害、老朽化したインフラ問題…どれもこれも人々の生活と切っても切り離せないものです。
笹古トンネルの事故は記憶に新しいですね。橋やトンネルなどの老朽化対策は急がないと人が死にます。

南海トラフ地震が想定しうる最大規模で発生すると多くの人命が失われるのは当然のこと、日本がアジア最貧国に転落してしまう可能性さえあります。

強靭化の否定こそ次世代へのツケ回し: うずらのブログ /
http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/1421732/1436015/120983550

「土木学会の報告書では、南海トラフ地震の被害総額(20年累計)を経済被害1240兆円+資産被害170兆円=1410兆円・死者32万人、首都直下型地震の被害総額を731兆円+資産被害47兆円=778兆円・死者2.3万人と見積もったうえで、今後15年以内に南海トラフで38兆円以上、首都直下型で10兆円以上の事業費を投じて公共インフラの整備・増強を行えば、南海トラフ509兆円(減災率41%)・死者23万人、首都直下型247兆円(減災率34%)・死者3千人の減災につながると強調している。

政府や行政だけでなく、国民は、こうした貴重な提言を敬虔な態度で受け入れ、真摯な姿勢で実行に移すべきだ。

わずか数十兆円の投資、しかも誰の負債にもならぬ通貨発行で調達できる財源で、何物にも代え難い貴重な人命が救われ、数百兆円もの財産や資産が護られるのなら安いものではないか。
悲惨な災害で人生を狂わされる人を一人でも減らすことができるのなら、十兆円単位のカネなど何も惜しくはない。」

人の命を守るためにこそ公共事業を、とその必要性を理解している人は何度も繰り返しているのですが、長年公共事業が悪者にされ続けてきたせいか、周囲の反応はよくありません。

公共事業が悪いという風潮はすっかり国民に浸透してしまったかのようです。

先日も公共事業の必要性をツイートしていたら、公共事業に否定的な人から

「その分、税金増えまっせwwww」

と、ふざけたリプライを送りつけられました。

公共事業が税金で行われているという認識が厳密に言えば誤解なのですが、前述の南海トラフ地震への対策や老朽化対策で主張した通りこれは命の問題です。

公共事業をやれという主張に対して揶揄する人は、人の命をなんだと思っているのでしょうか?

人の命はどうでもいいのでしょうか?

笹古トンネル事故のことはもう忘れたのでしょうか?

…どうやら公共事業に対する認識が相当歪んでいるみたいです。

同じ人が先日は「学校にはちゃんとエアコンつけろ!これは命の問題だ!」と言っていました。

確かにその通りですね。

お金がかかってもエアコンは設置するべきです。エアコンがないと人が死ぬかもしれないのですから。エアコンを設置しろというのは私も賛成です。

ただ、どうして同じ事を公共事業に対して言えないのか?私には理解しがたい感覚でした。

エアコンは設置しろと言えるのに、公共事業はやれと言えない。これこそが偏見だと思います。

何も人の命を守るのはエアコンや公共事業だけではありません。災害が起きれば、公務員が自身が被災した身であろうと出動して災害対応にあたります。警察官や消防、救急隊員は平時からいざというときに備えています。

電力会社や鉄道会社は、社会基盤として有事に対応できるよう、平時からライフラインの提供が滞ることのないように務めています。

自衛隊も国を守るために訓練しています。

自分の見えないところであらゆる人達が存在することで、私たちの営みが守られていることを忘れてはいけないと思います。




« ダム治水オペレーションについて | トップページ | 重度の熱中症の病態についての解説 »

インフラ・国土強靭化」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2063857/73903411

この記事へのトラックバック一覧です: エアコン、インフラ、公共事業:

« ダム治水オペレーションについて | トップページ | 重度の熱中症の病態についての解説 »