2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

pop

  • pop

« 2019年2月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年3月

2019年3月12日 (火)

内臓の機能不全に関するケアマネジメント

内臓の機能不全

●内臓の機能不全とは

 

・糖尿病

・高血圧症

・脂質異常症

・心疾患

・呼吸器疾患

・腎臓病

・肝臓病  など

高齢者が一般的に罹患している可能性が高い内科系疾患の総称

 

●高齢者の内臓の機能不全の留意点

 

・高齢者は複数の疾患を有していることが多い

・医療関係者と連携し、疾患を理解する姿勢を持つ

・年齢とともに各臓器は機能低下する

・疾病ごとに経過は異なるため予後予測を理解した対応が必要

 

◆疾患ごとの特徴・留意点

 

●糖尿病

・1型糖尿病 インスリン依存型

 

・2型糖尿病 インスリン非依存型

 高齢者は2型糖尿病が多い

 

【症状】

口渴、多飲、多尿、全身倦怠感など

自覚症状がない場合も多い

血糖コントロール悪化の遷延により体重減少

糖尿病性昏睡を起こす場合もある

 

~三大合併症~

網膜症・糖尿病性腎症・抹消神経症害

 

【支援のポイント】

病状の把握、食事管理、規則的な服薬ができているか

→医療機関と連携を図り、病状の悪化を予防し異常を早期に発見する。

→配食なども活用し、食事管理が行えているか確認する。

→インスリン施注を要する場合や服薬管理に困難がある場合は訪問看護なども検討する。

 

●高血圧

【症状】

・無症状のことが多い

・動悸、息切れ

・頭痛、めまい、耳鳴り(動脈硬化による脳の循環障害による)

【治療】

・生活習慣の改善と薬物治療(降圧薬治療)

【療養上の留意点】

・塩分過剰摂取が原因のことが多い

 →必要に応じて減塩食を検討する

 

・病院以外での測定値も参考にする。(平常時の測定値を知る)

 

●脂質異常症

【原因】

血液中に含まれる物質が過剰、不足している状態

脂質異常症は動脈硬化を進行させない心疾患や脳血管疾患の原因となる

【症状】

・症状が現れないことが多い

・著名なLDLコレステロール上昇

  →眼瞼、肘、膝関節、アキレス腱などの黄色腫

【治療】

・食事療法、運動療法が基本。患者のリスク病態に応じて薬物療法。

【療養上の留意点】

・狭心症や脳梗塞症などを罹患している場合は再発予防→LDLコレステロールのコントロール

・食事療法、確実な服薬、適度な運動

 

●心疾患

※虚血性心疾患

・冠状動脈が狭窄、閉塞のため心筋が血流不足に陥る状態。

狭心症→心筋の一時的な酸素不足

心筋梗塞→冠状動脈の完全な閉塞

【症状】

・前胸部の胸痛、重苦しさ、圧迫感、左肩、下顎、首などへの放散痛

 

※心不全

心疾患により心臓のポンプ機能が低下した状態

【症状】

急性心不全→低血圧、尿量低下、四肢冷感、肺水腫による呼吸困難、起座呼吸

慢性心不全→易疲労感、四肢冷感、労作時呼吸困難

【治療】

・疾患や状態により異なる

・塩分制限や食事療法、内服治療が基本

・虚血性心疾患の場合心臓カテーテル治療や外科的手術を行う

【療養上の留意点】

・可能な運動量を把握する

・上気道感染などを契機に急激に悪化することもあり、慢性心不全の増悪を防ぐ

 

●呼吸器疾患

【原因】

・加齢に伴い換気機能、ガス交換機能、感染防御力が低下する

 

慢性閉塞性肺疾患(COPD)は高齢者に多く70歳代の有病率が高い

喫煙が原因、男性に多い

【症状】

・咳嗽、喀痰、労作時息切れなど

・高齢者は風邪などを契機に肺炎を罹患することがある

【治療】

・抗菌薬、気管支拡張剤など、ステロイド、気管支拡張剤の吸入薬の使用

・在宅酸素療法

  呼吸疾患や心疾患、神経・筋疾患、悪性腫瘍などによって低酸素血症をきたしている患者に在宅で酸素投与を行う治療

【療養上の留意点】

・呼吸器感染予防が必要

・服薬管理を行う

 

●腎臓病

【障害】

・症状の程度により減塩や低たんぱく質などの食事制限が不可欠になる

【予防・改善方法】

・塩分制限、血圧の適正化、水分管理、低たんぱく質が重要となる

【治療】

・たんぱく質、水分、食塩、カリウムなどの制限が必要

・慢性腎不全→尿毒症症状→人工透析療法(血液・腹膜)

【療養上の留意点】

・透析療法が必要な場合身体的、精神的負担を理解し医療関係者と連携しケアプランを検討する


肝臓病

【症状】
慢性肝炎・・初期は症状は呈さないことも多い 肝機能の低下により、食欲不振・腹部膨満・黄疸などが 出現。
肝硬変の悪化・進行により腹水・浮腫・黄疸・肝性脳症 などの肝不全症状を呈する
【治療】ウイルス性肝炎→インターフェロン 肝硬変→進行予防が中心。肝細胞癌リスクが高くなる

 

2019年3月10日 (日)

欧州の混乱と反差別の欺瞞

欧州の移民の流入はかなり深刻。ロンドンではもう2011年の段階で白人のイギリス人の方が少数です。そうなる前に、移民が増えすぎていると指摘していた論者もいましたが、そうした論者が警告していたよりも実際に移民は増えすぎてしまった。

2016年のイギリスで産まれた男児につけられた名前でいちばん多かったのはモハメッドだったそうです。これまでキリスト教は欧州のアイディンティティの1つであったものが、かなり衰退し現在はイスラム教がその勢力をあまりにも伸ばしている。

イギリスには数の上ではキリスト教徒は一定数存在するものの、信仰心がそれほど篤いとは言えません。宗教はあなたにとってどれほど重要ですかと問うと、キリスト教徒はイスラム教徒より宗教に重きをおいていない。だからイギリスの文化はイスラムに浸食されつつある。

これまでもEUの仕組みによってイギリスは移民が流入してきましたが、近年の、ことに中東の政治的混乱以降、移民の質は変わりつつあります。イスラムの様式を頑なに守り、何があっても同化しようとしない移民たち。

イギリスのあちこちの街で、景色が変わりつつあります。キリスト教会は閉鎖され、代わりにモスクができた。多くのパキスタン人やイスラム教徒が移住した地域では、パブの閉店が相次ぎました。
移民に対する楽観論を唱える者は、移民はいずれ同化して欧州人として振る舞うなどと嘯いていますがならばどうして街の景色がどんどん変わっていくのでしょうか?
そして特定の民族が集中して生活し、もといた住民たちが足を踏み入れられないような地域ができてきた。

アメリカの移民について研究したボージャスは同化のプロセスを阻害する要因として、移民同士でのコミュニティを形成し、その中でのみ生活することを挙げています。アメリカでも一部の移民グループは同化がうまくいっていない。

日本でも過去の入管法の改正で日系ペルー人や日系ブラジル人が多く移住してきて工場などで働きました。リーマンショックを契機に多くは帰国したりもしましたが今でも残り生活している人たちがいます。彼らは20年以上日本で生活しても、日本語を十分に修得できていない人たちがいます。

そういう人は周りに同郷の人たちばかりがいて、日本語を覚えようという動機がなかった。
群馬県大泉町はブラジル人が多く移住してきた地域として有名ですが、そこでは今、ビジネスで成功した外国人グループと、地域から疎外された外国人グループとで分断されているそうです。

そして、文化的背景の違いによる軋轢がどのような混沌をもたらすか、強調しても強調し足りないくらいです。
イギリスのオックスフォードシャーでは、複数のパキスタン人や北アフリカ出身者が、現地の11~15歳の少女を人身売買して有罪を宣告されました。

「2011年の国勢調査結果の公表を前にした1月、9人のイスラム教徒の一団(7人はパキスタン、2人は北アフリカの出身)がロンドンの中央刑事裁判所で有罪を宣告された。性的な目的で11~15歳の子どもを人身売買したかどだった。現代版の奴隷として売られた11歳の少女は、彼女の〝オーナー〟である虐待者のイニシャル(モハメッドの「M」)を焼き印されていた。法廷での証言に従えば、モハメッドは「彼女を自分の所有物にするとともに、他人にそのことが確実にわかるようにするために焼き印を押した」のだという。これはサウジアラビアやパキスタンの地方部で起きたことでもなければ、同じ時期に同様の事件が多発した英国北部の町で起きたことでもない。英国北部の町で起きたことでもない。2004~12年にロンドンからもそう遠くないオックスフォードシャーで起きたのだ。 集団レイプや小児虐待が移民の専売特許であるなどとは誰にも言えない。だがこの種の小児レイプ団が勢力を伸ばしたことにより、明らかに一部の移民が特殊な文化的思想や性向を保持していることが露わになった(後に政府が行った調査でも、それが確認された★6)。その一つが女性(特に非イスラム教徒の女性)や他の宗教、異人種、性的マイノリティなどに対する前近代的な見方だ。そうした事実を指摘することで「人種差別主義者」の烙印を押されることへの恐れと、それよりずっと穏健なことを述べただけでキャリアを台無しにされてしまったレイ・ハニーフォードのような例が見られたことが相まって、これほどの事実が明るみに出るのでさえ何年もかかってしまった。」『欧州の自死』より

これだけの事件が起きたにもかかわらず、法定でも犯人たちの出自や文化的背景にも触れられず、触れようとすると差別主義者だと糾弾されるリスクを負う。私からすれば異様な出来事です。

また、こんな事件もありました。

「2015年夏、イタリアとフランスの国境のベンティミリアで「ノー・ボーダーズ(国境をなくそう)」運動に従事していた若い女性活動家が、スーダン移民のグループに集団で暴行された。仲間の活動家たちは、大義に傷がつくのを恐れて、彼女に被害を口外しないよう説得した。最終的に彼女が被害を届け出ると、仲間たちは「悪意」からレイプを通報したとして非難した★」『欧州の自死』より

文化的な背景の違いからか、移民や難民による犯罪は少なからず各地で問題になっています。そして、ここでも問題の隠蔽が起きている。国境を無くそうとして移民や難民たちの支援をしていたグループの大義は立派だったのかもしれませんが、身内の女性が被害にあったというのに、なぜ口をつぐむのでしょうか?なぜ被害女性を黙らせ、あろうことか非難まで浴びせるのでしょうか?

欧州では移民の受け入れについて否定的な見解を示した者が排外主義者だと非難され社会的立場を危うくされることがあります。これは欧州が深刻なアイディンティティの危機に陥っているからだとマレーは指摘します。

国家が国家として、アイディンティティを持ち国民を比護しなければ普通に生きる国民の生活の安寧は守られない。人々が国民国家の一因として、移民は自分たちの生活のルールを守れと、そう要求しなければ社会の秩序は守れないのです。毅然とした態度が必要なのですが、欧州人にはその気概があまり残っていないようですね。

しかし、気概が残っていないで済まされるような話でもなく、移民による治安の崩壊は今後の欧州の国民の生活に大きな影を落とすことはほぼ間違いないでしょう。
大晦日のケルンで、大規模な集団暴行事件が起きてしまいました。この事件が外国人によって引き起こされたものだと警察から発表があったのは、しばらく経ってからでした。

ケルンでの暴行事件が明るみになった直後に、左翼から飛び出した主張は、これは右翼のでっち上げだというものでした。左翼にとって移民は聖人でなければいけないのでしょうか?若い男性が多くを占め、異なる文化背景を持つ移民の男性達は、暴力に及ぶこともあるのが当然なのですが、それだけの事実を左翼はなかなか認めたがらない。暴行事件を批判する人を差別主義者だと罵ったところで、そんな主張は多くの人から軽蔑されて終わりになるでしょう。

移民が国を出る背景には様々な事情があります。そういう事情を鑑みれば移民には同情できる要素も、支援をする理由も時にはあるでしょう。移民が時として問題を起こすことを認めても、移民に対する擁護の立場に立つこともできるはず。ただ、移民が起こした問題を見てみぬ振りをするのは人として最低の所業です。

日本でも状況はなかなか深刻です。
反差別を標榜する団体がいくつも乱立し、移民に対する懸念を表明する人たちに対し、容赦なく恫喝や脅迫を繰り返しています。
おまけに大阪の反差別団体に所属するある日本人の若者は、運動のあり方に疑問を呈したところ、反差別団体の幹部の3人の在日韓国人に呼び出され、1時間にも渡り暴行を受けるという凄惨なリンチ事件が起きました。

在日韓国人が日本人をリンチするという不祥事を起こしたその団体は、事件の情報が外部に漏れると都合が悪いからと、情報を隠蔽し、リンチ被害者へのネット上での誹謗中傷を集団的に行ったのでした。
ある在日韓国人の学者は被害者の恋人に対する身体的危害を仄めかすというようなこともありました。

リンチ事件が明るみになり、反差別団体への風当たりが強くなると、反差別団体は自らを批判している人物の自宅にまで押しかけ、妻や子供に恐怖を与えて黙らせるといった卑劣な手段まで講じるようになります。
四国の某自動車販売会社の社長が、反差別団体の事件について批判をしていたのですが、彼の自宅の近くを反差別団体は徘徊し写真をネット上に公開しました。彼の奥さんと傷害を持つお子さんは、恐怖で震えたらいたとのことです。

そのような反社会的行為を繰り返す連中が、日本の移民問題についても必ず反移民を糾弾する行為に及んでくることが予想されます。

このまま行けば日本は移民によって生じる問題についてほとんど議論のできないまま、欧州が経験したような大混乱の二の舞となってしまう可能性が高いと思われます。なし崩しの移民の導入など絶対に認めてはいけないのです。

2019年3月 2日 (土)

留学生、実習生の苦境

留学ビザで入国して日本に3ヶ月以上滞在する場合は国保に加入します。そうすると他の日本人と同じく3割負担で医療を受けられます。
そして、日本に来て自国では受けられない医療サービスを受ける外国人が一定数います。

医療滞在ビザなら、最初から医療を受けることを目的に入国を認められており自費診療で治療を受けるので合法です。非常にお金がかかるので、裕福な中国人が主に利用している程度ですが。

留学ビザで来日し治療を受けるのはその抜け穴でしょう。
治療費が数百万かかる肝炎の治療も、保険適用や高額療養費の制度などで自己負担は10万もいかない。

こうした医療保険へのフリーライドが全国的にどの程度行われているのか、把握するのは困難とのことです。少なくとも医療機関には目の前の患者が本当に留学目的で来日した外国人なのか判断する術はないし、報告義務もない。

こうした医療保険へのフリーライドを防ぐには、送り出し国に出国前の健康診断を義務付けるべきだという指摘があります。
それ自体はもっともなのですが、それで果たしてどれだけ防げるのでしょうか?
日本を訪れる留学生は急増しています。
その中には最初から働くつもりで来日する偽装留学生が少なくないと指摘されています。
彼らは留学生として来日し、週28時間以内のアルバイトに就くことができます。
それで稼ごうとするのですが、そうした人たちはたいがい留学生ブローカーに渡航費用として150万円くらい借金しています。

日本語のおぼつかない留学生などは、割のいいアルバイトは見つかりません。結局週28時間以下の規則をやぶり掛け持ちアルバイトしたり、留学生の日本語学校を失踪して不法就労しています。
政府も親から仕送りも期待できなさそうな人には留学ビザを発給しないのですがブローカーは彼らの親の年収証明書や貯金通帳をでっち上げたりして、入国審査を不正に通しています。そういう不正が横行しています。
日本の入国審査も事実上黙認しているようなものです。

ブローカーは日本へ出稼ぎに行きたい若者から金を巻き上げ、あとは知らんぷりで外国人が外国人から搾取する構図がそこにあります。
こうした不正は積み重なり禍根がどんどん積み重ならざるを得ないでしょう。

技能実習生として来日する外国人も、搾取の被害にあっていると言ってもいいでしょう。
ベトナムから実習にきたある女性は、渡航に100万の借金をしたとのこと。それで水産品加工場で仕事をして1日10時間以上働き、少ない月で6万円しか収入がなかったとのことです。

そして実習先でケンカをして、受け入れ企業から強制帰国を言い渡され、逃亡した、というエピソードがNewsweekに掲載されていました。
本国の送り出し機関からも金を取られ、日本の管理団体からも間接的に金を取られているとのこと。

彼らをそのような目に合わせまで、労働力を確保するのは正しいことと言えるのでしょうか?
私たち日本人ひとりひとりが考えなければならない問題なのではないでしょうか。

« 2019年2月 | トップページ | 2019年7月 »