2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

pop

  • pop

« 杜撰な動物園管理 | トップページ

2019年10月 9日 (水)

「慰安婦は捏造」は捏造?

日韓関係の最近の悪化は私も危惧するところ。だが、韓国でまかり通る日本に対するヘイトは正直目にあまる。
そしてそんな韓国の捏造やヘイトを擁護するものにも嫌悪感を感じる。


 


韓国では1991年以前、慰安婦についてはその存在が恥とされていた。慰安婦は自ら売春行為を行ったものとして韓国内で認識されており、慰安婦について日本を非難する声はほとんどなかった。


 


崔碩栄 著 「韓国『反日フェイク』の病理学」
「過去には今の中高生には想像もできないような別の認識が存在していた。次に紹介するのは1975年に韓国で出版された『日帝下強制人力収奪史』という書籍からの引用である。著者、金大商は地方紙「馬山日報」の論説委員であり、放送局の釜山MBC理事まで務めた韓国言論界の重鎮である。朝鮮人慰安婦について次のように記している。」


 


「では朝鮮においてどのような方法で若い女性たちを動員したのか。中日戦争直後、即ち初期には御用慰安婦斡旋業者が主に都市の紅燈街(風俗街)で募集していたが、これに応募する女性たちが売春女性であったことは言うまでもない。しかし、前に述べたように、一定の限度を超える募集が難しくなってくると、次第に貧しい農村の娘を相手に募集する傾向に変化した。つまり、軍隊の御用慰安婦斡旋業者は、駐在所の巡査や面長(町会長)をつれて未婚の娘がいる農家を回って「楽で稼ぎの良い仕事がある」という言葉で騙した。(『日帝下強制人力収奪史』金大商 正音社 1975」

韓国「反日フェイク」の病理学 (小学館新書) [ 崔 碩栄 ]

価格:924円
(2019/10/9 23:31時点)
感想(3件)

 


1975年に韓国の新聞論説委員が記した文書にも、初期のと但しをつけた上ではあるが、慰安婦は募集に応じて集められたと書かれている。当時の韓国ではこのような見方だった。現在の韓国で韓国人がこのような論説をすれば社会的に糾弾されその地位を失うだろうが・・


 


そして、以下は徴兵により入隊した朝鮮人がビルマで朝鮮人慰安婦を見た時の回顧録


 


「ビルマに来て最初に朝鮮ピーを見たときの驚きと恥ずかしさはその後、広大なビルマ戦線の全体で、それもとても頻繁に彼女らと出会うにつれ消えていきずいぶん経った……。このかわいそうな同胞たちはどうなるのだろう。だが、彼女たちの運命を考えるためには私たちの行く道は忙しすぎた。(月刊誌『新東亜』1965年9月号「侮辱の時代」)」


 


ここには日本軍に対する怒りや憎悪の感情はない。朝鮮ピーとは、朝鮮人慰安婦のこと。
ここには「恥ずかしさ」の感情が記されている。同胞が売春行為を行っていることを恥じているのだ。この記事が記された当時は、韓国内では慰安婦=自ら募集に応じて売春行為を行ったもの=同胞の恥だったのだ。


 


「慰安婦は捏造というのは捏造」という日本人がいるが、では1975年の韓国の新聞論説委員や日本に徴兵された将兵の証言も捏造だと言い張るのだろうか?


 


また表現の自由が話題になっている日本はまだ平和と言えるのかもしれない。韓国では「慰安婦は自ら応募に応じた」などと言えば袋叩きにされる。表現の自由などないのが韓国だ。


 


 


 



 






 

« 杜撰な動物園管理 | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 杜撰な動物園管理 | トップページ