pop

  • pop
無料ブログはココログ

文化・芸術

2015年12月17日 (木)

夫婦別姓に関するツイート

夫婦別姓を認めない民法の規定は合憲との最高裁判所の判断が示されました。それを受けて、ネット上では夫婦別姓に関する話題が多くなっています。

ちなみに私は夫婦別姓には反対の立場です。夫婦別姓にすることにより家族の絆が壊れるなどとは言えませんが、夫婦が同じ姓を名乗る慣習は我が国に既に根付いたものとなっています。この慣習を無視して軽はずみに制度に変更を加えてしまうと、思わぬ問題に見舞われることにもなりかねないのではないでしょうか。

夫婦別姓に賛成の人が若年層に多く反対の人が高齢層に多いことから、なんとなく夫婦別姓のほうが新しくて時代に即した考え方のように見えてしまうかもしれませんが、それは違います。

夫婦を同姓にする制度の必要性は結婚、出産、子育てをすることで認識されやすくなるのではということなのです。単純に年輩層が古い考え方を有しているということではありません。非常に示唆に富む意見だと思います。

たまに「夫婦別姓こそが日本の伝統だ」と言う人がいます。しかし、明治政府は夫婦別姓の規定を定めたにもかかわらず、当時の民衆は「それは慣習にそぐわない」として夫婦同姓とするように求めたのです。

このことから別姓が日本の伝統であるとは言えません。明治時代に同姓が慣習化しており妻が自分の出身の氏を名乗るという慣習は失われていたからです。

こうした文化的、歴史的な背景を無視して「自由に選ばせるべき」という安易な発想には賛成しかねます。