2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

pop

  • pop

インフラ・国土強靭化

2018年8月12日 (日)

無駄かどうかを議論することこそ無駄

公共事業について、相変わらず必要性を主張しても「でも無駄な公共事業だってあるし」ということをよく言われます。別にこちらも無駄な公共事業をしろと言っているわけではなく、例えばまだまだ道路網が貧弱だったり新幹線網が未整備で水道管や橋が老朽化していて治水が不十分で防潮堤が足りなくてと必要な事業がいくらでもあるからやれと言っているだけなのですが、無駄な事業をすることになるのではないかと言いたがる人が必ずいるようです。

それだけならまだしも公共事業がまったく足りず多くの人の命が災害リスクにさらされているこの状況で「公共事業なんてどうでもいい」とか「税金増えまっせww」とか言ってくる人間のクズもいますね。公共事業がまったく足りていない今でも「無駄な公共事業をやっているのではないのか」という因縁をどうしてもつけたいようです。

公共事業は長年ずっと削減され続けています。必要かどうかの議論は大事ですし、公共事業に関しては費用便益分析というものが必ず行われています。必要なものしか執行されていないにも関わらず「無駄ではないのか」と因縁をつける連中にはある程度共通した心理や傾向があると思っています。

1つは建設業に関わる人達が殴られても殴り返してこないことをわかっているから延々と殴り続けるのだろうと思います。弱いものいじめの心理です。

だから平然と公共事業をバカにする。公共事業にも有益なもの、そうでないものがあるのは当たりまえのことですが、そんなことは考えようともしません。

後は、公共事業否定論に対して反論された後によく聞くのは「過去に土建業と癒着があったのは事実だろう」と言うものです。

しかし、行政や政治と民間が癒着する可能性があるのであればどんな事業だってそうでしょう。それでは民間が絡む事業は全部ダメだということになりますし癒着があるかもしれないからダメだと言うのなら政府は何もできないですよね。

だいたい、必要かどうかの議論は確かに大事ですが、議論をすればはっきり無駄だと断定できるようなものなんてそうそうありません。多くの人から見て必要と思えるような事業でも必ず異を唱える人がいますがそれを言い出したらキリがないと思います。

そんなに無駄かどうかをいちいち気にする人は、自分の仕事が誰の目から見ても無駄とは言い切れない仕事なのかどうか胸に手を当てて考えてみればいいでしょう。あれは無駄ではないか、これも無駄ではないかなどと公共事業を攻撃する人は、その人自身の存在が無駄ではないかと問われた時になんと言い訳するのでしょうか。

無駄な事業をすることになるかもしれないからと公共事業に反対する人がいますが、長年公共事業が削減され続けてきて最低限を割り込んだレベルの公共事業しか今は行われていないという経緯をしっかり把握してもらいたいものです。

「あなたの仕事こそ無駄ではないのか」と言われて無駄と判定されたら自分は仕事を失ってもいいという人が公共事業が無駄かどうかを論じるなら千歩ほど譲ってまだ理解はできますが、たいていの人はそれは無理でしょうから。

2018年8月 2日 (木)

国の借金とは何か正しく理解するべき

東洋経済のオンライン記事に、評論家の中野剛志氏の記事が掲載されていました。
https://toyokeizai.net/articles/-/231318?display=b

治水が大事、公共事業をするべきというのは何度も繰り返し主張してきた事なのであえては触れませんが、中野剛志氏の記事は政府の債務についてあまりに的確に簡潔に解説しているので引用しておきます。

「そもそも、政府債務の返済は、国税収入だけで行うものではない。継続的な借換(新規国債の発行によって同額の国債償還を行うこと)によることもできる。政府債務というものは、原則として完済をする必要がない債務なのだ。それゆえ、ほとんどの先進国において、国家予算に計上する国債費は利払い費のみで、償還費を含めていない」

「国の借金」というフレーズがあまりにも繰り返されているのですが、ほとんどの国民は政府の借金について正しく理解していません。

借金というと将来元本を返済しないといけないとみんな思っているわけですが、政府の借金を返済していく国なんてありません。利払いを延々続けていくだけです。返さなくていい借金を国民1人辺りに換算して将来世代のつけなどと議論するのは愚の骨頂です。

富国と強兵 地政経済学序説 [ 中野 剛志 ]

価格:3,888円
(2018/8/5 00:13時点)


「それにもかかわらず、日本は財政危機であり、公共事業費を増やすことはできないという思い込みは、依然として根強い。」

「確かに、これまで述べたような「財政赤字を拡大すべきである」「政府の財政破綻はあり得ない」「政府債務は完済する必要がない」といった議論は、「借金は返さなければならない」という家計や企業の一般常識に反するものであり、感覚的には受け入れ難いであろう。

しかし、政府債務と民間債務とでは、制度的にまったく異なる。政府の借金を、個人や企業の借金のアナロジーで考えてはならないのだ。この政府債務を民間債務と同じように考える通俗観念こそが、あり得ない財政破綻への恐怖を掻き立て、国民の生命・財産を守るために必要な公共事業の実施を阻んでいるのである。」

個人の場合借金をしたら返さなくてはなりませんが、国家の場合はぜんぜん前提条件が違います。

中野剛志氏の『富国と強兵』には詳しく書いてありますが、はっきり言ってしまえば経済が落ち込んでいる時は政府が借金して経済に貨幣を供給しなければいけない。

治水、インフラの老朽化対策、耐震化、防潮堤、道路建設等々やるべきことはたくさんあります。

国債を発行すれば解決する課題を借金をしたくないからと先送りすることこそ将来へのツケ回しなのです。




2018年7月29日 (日)

善意が招く惨事

前回の豪雨災害の被害から間もないうちに大型台風が接近しています。

そんな立て続けに災害に襲われている時に気になったツイートがありました。

https://twitter.com/akisumitomo/status/1022129418695630848?s=19

「デマとは、わざと嘘をついて誰かを貶めようとする行為なので、そういう悪意があると断定するのは難しいと思います。そういう悪意がなかった証拠が、エアコンの到着時間にズレがあったということでした。それを早とちりして紫野さんの友人が自分の感想を混ぜてツイートしたと解釈しました。 」

被災者支援のエアコン設置デマに関するツイートですね。

行政がパフォーマンスでエアコン設置したというのはどうしようもないデマなのですが、悪意がなかったからデマではないとか寝言を吐いている人がいます。

エアコン設置デマについては、私はいい加減な事を吹聴することを許せないと思います。

パフォーマンスでエアコンが設置されたというのは、被災者支援に必死で働いている行政の職員に対する酷い侮辱だと思いますよ。人間性を疑います。

元のツイートに関しても「悪意がないならデマではない」という甘えた態度が問題だと思います。

たとえ良かれと思っての発言であったとしても、それが正しい情報の伝達を妨げ人心を惑わす悪影響は果てしなく大きい。

原発事故に関しても「健康被害が起きる」などとデマが行き交いましたが、デマ拡散に加担してしまった人の多くは決して悪意を持っていたわけではないです。

しかし結果として風評被害を発生させ無駄な避難をさせてしまって生活基盤を失う人がいたり、あちこちで取り返しのつかない事態を発生させています。

【参考】
放射能パニックからの生還=ある主婦の体験から — 自らの差別意識に気づいたことが覚醒の契機に

http://www.gepr.org/ja/contents/20120507-03/

「福島原発事故は、現場から遠く離れた場所においても、人々の心を傷つけ、社会に混乱を広げてきた。放射能について現在の日本で健康被害の可能性は極小であるにもかかわらず、不安からパニックに陥った人がいる。こうした人々は自らと家族や子供を不幸にする被害者であるが、同時に被災地に対する風評被害や差別を行う加害者になりかねない。

自己責任と突き放すこともできるが、日本という共同体の同じ構成員であり、広がる悪影響を考えれば、何らかの形で助けることが社会全体で必要ではないだろうか。しかし向き合うにはその人々の実情を知ることが必要だ。」

中には悪意を持ってデマを流した人もいるでしょう。

しかしネットの狭い世界の中でデマに踊らされた人同士でおかしな情報が行き交い、エスカレートして善意のデマ拡散者になってしまった人は決して少なくはないです。

誤った情報がどのように生まれ、広まっていったか。
その結果何が起きたのか。

その重大さに気づけば「悪意はなかったのだから」とは軽々しく言えないと思いますが。



2018年7月22日 (日)

エアコン、インフラ、公共事業

今年も熱波の時期になりました。

熱中症による救急搬送の多発化などは例年の恒例になっています。室内でも熱中症にはなるので、高齢者や子供はもちろん普通の大人でもエアコンでの温度管理は必須です。熱中症の多くは室内で起きている事を忘れてはいけません。


この猛暑で小中学校へのエアコン設置が議論になっていました。

その中で、1つ気になったこと。

以前から私は公共事業が今後の日本にとって必要であることをブログでもTwitterでも繰り返しています。理由はいつも添えています。

貧弱な道路網、衰退する地方、頻繁する自然災害、老朽化したインフラ問題…どれもこれも人々の生活と切っても切り離せないものです。
笹古トンネルの事故は記憶に新しいですね。橋やトンネルなどの老朽化対策は急がないと人が死にます。

南海トラフ地震が想定しうる最大規模で発生すると多くの人命が失われるのは当然のこと、日本がアジア最貧国に転落してしまう可能性さえあります。

強靭化の否定こそ次世代へのツケ回し: うずらのブログ /
http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/1421732/1436015/120983550

「土木学会の報告書では、南海トラフ地震の被害総額(20年累計)を経済被害1240兆円+資産被害170兆円=1410兆円・死者32万人、首都直下型地震の被害総額を731兆円+資産被害47兆円=778兆円・死者2.3万人と見積もったうえで、今後15年以内に南海トラフで38兆円以上、首都直下型で10兆円以上の事業費を投じて公共インフラの整備・増強を行えば、南海トラフ509兆円(減災率41%)・死者23万人、首都直下型247兆円(減災率34%)・死者3千人の減災につながると強調している。

政府や行政だけでなく、国民は、こうした貴重な提言を敬虔な態度で受け入れ、真摯な姿勢で実行に移すべきだ。

わずか数十兆円の投資、しかも誰の負債にもならぬ通貨発行で調達できる財源で、何物にも代え難い貴重な人命が救われ、数百兆円もの財産や資産が護られるのなら安いものではないか。
悲惨な災害で人生を狂わされる人を一人でも減らすことができるのなら、十兆円単位のカネなど何も惜しくはない。」

人の命を守るためにこそ公共事業を、とその必要性を理解している人は何度も繰り返しているのですが、長年公共事業が悪者にされ続けてきたせいか、周囲の反応はよくありません。

公共事業が悪いという風潮はすっかり国民に浸透してしまったかのようです。

先日も公共事業の必要性をツイートしていたら、公共事業に否定的な人から

「その分、税金増えまっせwwww」

と、ふざけたリプライを送りつけられました。

公共事業が税金で行われているという認識が厳密に言えば誤解なのですが、前述の南海トラフ地震への対策や老朽化対策で主張した通りこれは命の問題です。

公共事業をやれという主張に対して揶揄する人は、人の命をなんだと思っているのでしょうか?

人の命はどうでもいいのでしょうか?

笹古トンネル事故のことはもう忘れたのでしょうか?

…どうやら公共事業に対する認識が相当歪んでいるみたいです。

同じ人が先日は「学校にはちゃんとエアコンつけろ!これは命の問題だ!」と言っていました。

確かにその通りですね。

お金がかかってもエアコンは設置するべきです。エアコンがないと人が死ぬかもしれないのですから。エアコンを設置しろというのは私も賛成です。

ただ、どうして同じ事を公共事業に対して言えないのか?私には理解しがたい感覚でした。

エアコンは設置しろと言えるのに、公共事業はやれと言えない。これこそが偏見だと思います。

何も人の命を守るのはエアコンや公共事業だけではありません。災害が起きれば、公務員が自身が被災した身であろうと出動して災害対応にあたります。警察官や消防、救急隊員は平時からいざというときに備えています。

電力会社や鉄道会社は、社会基盤として有事に対応できるよう、平時からライフラインの提供が滞ることのないように務めています。

自衛隊も国を守るために訓練しています。

自分の見えないところであらゆる人達が存在することで、私たちの営みが守られていることを忘れてはいけないと思います。




2018年7月19日 (木)

ダム治水オペレーションについて

2018年7月16日 (月)

これ以上ダムが悪者にされないように

ダムマンガ1巻【電子書籍】[ 井上よしひさ ]

価格:540円
(2018/7/16 19:05時点)

今回の豪雨災害での被害は非常に痛ましいものです。

豪雨は大規模化しており、今後も総雨量でかつてないほどの豪雨が何度もやってくるのではないかと気がかりです。

治水対策、事前の備えが必要なのは言うまでもありません。

各地でボランティアなども頑張っているようですし、復旧や被災地支援も行われています。

私にできることは多くはありませんが、被災地を応援したいと思います。

冒頭の画像はダムマンガの作者さんが作成したものです。

ダムによる災害は基本的にありえないのですが、ミスリードしてダムのせいで洪水が起きたかのように思わせる発言をしている人がいるようです。

悪意を持ってやっているのか、無知なのかわかりませんが、基本的に地形が急峻で川の流れが激しくなりやすい我が国に治水対策は不可欠です。実際に江戸時代からこの国は治水工事を行ってきました。

川の流れを変えたり、川を広くしたりダムも黒部ダムが日本では一番有名かと思いますが、黒部ダムが完成する前からもけっこうダムが作られていたりします。

今回もダムが役に立っているのに、まるでダムが悪いかのように言う人たちには恥をしれと言いたいです。

ともはる @tomoharuhare_m8 18時間前
兄がダム勤務だった3年間。一切酒は飲まなかった。なぜか。わずかの雨でも呼び出しがかかり、下流に影響が出ないように放水量の調節をするからだ。酷い雨になれば放水量を増やさなければならないが、下流の状況によってはできるかぎり放水を減らすこともある。それでも雨が止まなければ放水しなければいけないんだよ。


愚者@C94土東O33a @fool_0 8時間前
野村ダムの放流批判についてはモヤモヤするところがあったのですが、このまとめを見て溜飲が下がりました。結論として「無理なものは無理」というだけの話だったのを外野が無責任に批判していると見做す方がしっくりきます。それでも文句がある奴らはそのまま無理に貯水させてダムから水を溢れさせるか決壊させた方がよかったとでも言うのですかね?



2018年7月 7日 (土)

国土に働きかけてきた先人たち

今回の豪雨災害はようやく落ち着きつつあるようですが、まだ油断はできませんね。

今回の水害に限らず、大水害はもはや毎年恒例のようになってきているので、全国的な治水対策は欠かせないものと思います。

冒頭のツイートにもあるように、先人たちは治水事業に膨大な時間をかけて取り組んできました。

地形が急峻なこの国では、大雨が降ると高低差が大きい地形を一気に水が流れ、いとも簡単に水害を発生させます。

加賀藩が行った治水事業は44年かかりました。しかしそれほどのことをしないと暮らしはなりたたない死活問題なわけで、これに手抜きは許されないのです。

国土学 国民国家の現象学 (叢書新文明学) [ 大石久和 ]

価格:2,376円
(2018/7/7 20:24時点)
感想(0件)

氾濫を防ぐ日吉ダムの大活躍

今回の豪雨は引き続き警戒が必要なようです。

豪雨に備えるためにはダムや堤防、河川改修など可能な措置をできる限り事前に講じておくべきなのは言うまでもありません。

しかし、公共事業は土木中心だ!とかわけのわからないことを言って国民の生命、安心、財産を蔑ろにする政治家などがいるのがまったく意味不明です。

災害への備えは、土木だけではないのは当然のことですが、土木が大きな役割を果たすのは明らかなのでできる限り土木もやっていくのは当然のことです。

土木をすることがまるで悪いことであるかのような物言いをする人は頭が悪いのか悪意があるのかどちらかなのでしょう。

特に今回も桂川で破滅的な氾濫被害を防ぐために上流の日吉ダムが大活躍しているそうです。

日吉ダムについて解説している人がいたので引用します。

スポンサードリンク


ダムがなければ流れ込む雨水が大量に桂川に流れ込み大氾濫していたことは間違いなかったでしょう。
ダムが放水したので氾濫していると勘違いしている人がいますが完全に誤解です。

ダムの決壊を防ぎつつ、かつ下流も氾濫をしないように絶妙な推移コントロールを行うという形でダムは運用されているのです。

「ダムは無駄」とか根拠もなく言う人がいますが、今回のダムの活躍を見てもまだそんなことが言えるでしょうか?

国土学 国民国家の現象学 (叢書新文明学) [ 大石久和 ]

価格:2,376円
(2018/7/7 13:18時点)
感想(0件)


2018年6月26日 (火)

効率のみを追及したものは脆弱である

大阪で約1週間前に発生した大阪北部地震は余震も落ち着き、街は平穏を取り戻しつつあるようです。

被災の被害の多かった地域の避難所には要介護認定を受けている人がいたとのことでケアマネ協会からも避難所に行って話を聞いた人がいるそうです。

日本という国は特に地震の起きやすい構造になっているので、今後も災害への備えは欠かせません。

土木学会から南海トラフ地震を何の対策もなしに受けてしまうと日本はアジア最貧国に転落しかねないと危惧する声が上がっていることを重く受け止めるべきだと思います。

脆弱性への対策を事前にしっかり行っておくと被害を大幅に減らすことができるとのことでもはや一刻の猶予もないかと思われます。

しかし、ここまで地震の脅威が迫っていてもまだ「無駄ではないのか」などと言う声が上がってくるのがこの国です。

この無駄という言葉こそが厄介で、無駄の削減の名のもとに日本では長くあらゆる分野でも支出が削減されてきました。

私はこの無駄の削減こそが日本の低迷の主因だと考えています。

例えば道路を作ったとして、そこが緩やかに道路が流れていたとしたら無駄だと言う。
しかし、道路がパンパンになっていればいいのでしょうか?余裕がなければ何かあったときに大渋滞してしまいます。

例え普段使うことがなかったとしても、何かあった時に使うかもしれないという判断があってしかるべきではないでしょうか?

今回の地震では余震への警戒から非常食を買いに出た人が多かったですが、お店からあらゆるものが消えてしまうような事態にはなりませんでした。ある程度の在庫を店舗が放出したためですが、こういう時に役立つストックまで「無駄」と言ってしまっては災害や非常時に脆弱になるだけだと思います。

まあもっとも 、第2名神高速道路や外環道のような明らかに平時から役立つものを「無駄」とか言ってしまうどうしようもない連中もいるので話になりませんが。

平時の効率性ばかりでなく、日頃からある程度の余裕を持たせておくことは有事に際して極めて重要だと思います。



2018年6月18日 (月)

公共事業に対する異常な憎悪

本日、大阪府北部で巨大な地震が発生し、3人の方が亡くなられたとのこと。
犠牲になられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

本日は私も通勤する予定で電車に乗ろうとした時の出来事でした。
不意に揺れを感じ気付いたら電線がかなり揺れていました。

そのまま電車は不通となり、午後3時になってようやく京阪電車や南海も運転を再開しましたがほとんどの交通機関が麻痺していました。

そんななか、大阪府の女子児童がブロックの下敷きになって死亡したとのニュースがあり、哀しい出来事だと思いました。

ブロック塀の高さは最大でも地面から2.2m以下とするとの決まりがあるそうなのですが、守られていたのかどうかが気になります。

しかし、改めて日本における災害の脅威が浮き彫りになったときに信じがたい発言をしている輩がおりました。

なぜわざわざ「不必要な防波堤」の話を出してくるのかわかりません。

東日本大震災時、津波が防波堤を乗り越えてしまったことがあったのですが、それでも防波堤や防潮堤の果たした役割が極めて大きく、危険なブロック塀撤去と防波堤の整備はどちらもやるべきことであるとしか言いようがありません。

これらはかつて伊勢谷友介とかいう俳優が防潮堤を馬鹿にしたときに反論として寄せられたコメントですが、これでもまだ防潮堤は無駄だと言えるのでしょうか?

またブロック塀撤去と防波堤建設とどちらもやるべきであるというのが本筋です。

そして、本来なら災害が起こった時には公共事業の必要性が認識されないとおかしいのではないでしょうか。

海外の国が毎年公共事業を増やしていたのに、日本ではどんどん公共事業を削っていた。そして、建設業者の数も減り災害に対して脆弱になったときに起きたのが東日本大震災です。

公共事業の削減を続けていた我が国では災害からの立ち直りはなかなか進みませんでした。

ある程度以上の建設業の供給力を常に維持していないと、有事に対応できないのです。

そのような状況であったにもかかわらず、我が国では東日本大震災後に「公共事業のやりすぎにならないか」などという輩がいたのです。
土木業の方に聞くとこのような意見では他国ではありえないそうです。公共事業が必要とされる時に公共事業を叩く、これはもう日本を潰したいと思っているのではないかと邪推してしまうような態度です。

また、いつも思いますが国の借金などといつも騒いでいる人がいますが、政府が発行している国債は日銀が買っています。普通は政府の借金などゼロになるまで返済したりはしません。
建設国債による公共事業は、政府の国債残高と建設されたインフラという資産が残ります。

国債だけを見て借金だと言うのは的外れもいいところではないでしょうか?
ましてや、今の世代でインフラ整備をろくにしないで次世代に荒廃した脆弱な国土を将来に残すことこそ将来世代へのツケ回しであってそのようなことをしてはいけません。

国債の残高がいくら少なくても巨大地震が来たら一発で滅んでしまうような国土が残されたら困るでしょう。

巨大地震への対策もきちんとしておけば減らすことはできます。
地震の被害が100兆円になりそうなところを10兆円の投資で50兆円に減らせたらそのほうがいいに決まっています。この国は今、10兆円の投資を惜しんで50兆円の被害を出すみたいなばかな話をやっています。

災害大国の我が国で、巨大地震が発生するとアジアでの最貧国に転落してしまうだろうという研究結果が発表されたばかりです。

この国の将来をきちんと考えていかないと大変なことになります。


築土構木の思想 土木で日本を建てなおす

価格:1,728円
(2018/6/18 15:06時点)
感想(0件)